スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PM】 まどか☆マギカ デッキ紹介 「マミなぎさ」

お久しぶりです。

最近は艦これの秋イべや艦これの秋イべ、ポケモンORASの発売などで
更新しようと思うと時間が過ぎている…
と言う休日が続いておりました。

ちなみにPMは叛逆発売後からほとんど何も語っていませんでしたが、
先月の魔法少女限定大会では3回中3回とも別のデッキを使用して
優勝するという好調ぶりでした(しっかり遊んでおります)。

そんなわけで、今回はその中で最も構築が億劫だったマミデッキを紹介します。


マミなぎさ


<-使用コスト5->
 SRなぎさ(04-016)×1
 叛逆SRマミ(04-077)×1
 5コストマミなぎさ(04-083)×2

<-使用コスト4->
 自由登場全体パンプマミ(03-077)×2
 CCCマミ(本プロモ)(P-009)×2
 マミQ(P-019)×2
<-使用コスト3->
 ティロフィナーレマミ(4-089)×1
<-使用コスト2->
 捨て札2枚回収マミ(01-080)×1
 劇場版SRマミ(03-076)×2
 自由登場アプ禁なぎさ(04-036)×3
 4枚サーチマミ(04-080)×4
 サポートマミなぎさ(04-084)×3
 トップ操作マミ(04-090)×1
<-使用コスト1->
 デッキ回復まどか(03-007)×1
 パンプサイクルマミ(03-079)×2
 ポイント置き換えマミ(03-083)×2
 2ドローサイクルマミ(03-084)×4
 戦闘時-10/-10するマミ(03-088)×1
<-使用コスト0->
 2ドローキュゥべえ(01-046)×1
 叛逆サポート杏子(04-015)×1
 0コスト赤まどほむ(04-020)×1
 軽減キュゥベエ(04-050)×1
 0コスト青まどほむ(04-052)×1
 叛逆サポートさやか(04-069)×1
 3ソースマミ(04-081)×2

-キャラクター(43)-

 彼女らの見つめる先は×4
 魔法少女への憧れ×4
 彼女らが集う場所×4
 うたた寝×4
 とっておき×1

-イベント&サポート(17)-




デッキの解説
「サポートマミなぎさ」の登場によって全体的に燃費が向上し、
より自発的に展開がしやすくなったマミデッキ
5コスト帯には採用したいカードが複数あるが、どちらも一長一短。

ざっくりと解説すると
SRなぎさ(04-016) 
自分のポイントが2枚以上あり、「劇場版SRマミ(03-076)」がいれば
妨害されてもスルーされてもアドバンテージがとれる点が優秀。
しかし、どうしても後手になってしまう点がネック。
そのため、どちらかと言えば相手の勝筋を潰した後にゆっくりと
制圧していくタイプ
デッキに向いている。


叛逆SRマミ(04-077)
戦闘時の全体パンプは強力に見えるが、マミデッキで攻撃するキャラは
「叛逆SRマミ or なぎさ」と「5コストマミなぎさ」と
「パンプサイクルマミ」でパンプしたキャラくらいであり、
数値不足も全体を強化の必要性もあまり感じない。
また、DP50程度では妨害した際に生き残ることはまずないので
精神的にも妨害に回しにくいが、「0コスト青まどほむ」と
組み合わせることで退場しなくなり、妨害時のパンプアップを積極的に活用できる。

つまるところ、普通の重鈍系のマミデッキでは中途半端なので、
活用させるならばより尖った構築にする必要があると思われる。


個人的にはマミ2かなぎさ2で統一感を出したいものの、
今回は両方プレイできる可能性を残した。


■その他、主要カードの解説

5コストマミなぎさ(04-083)
単体で強力なので、マミ主体でもなぎさ主体でもメインアタッカーになる。
自分のターンは基本的に負けないサイズなので安心して攻撃することが可能で、
更に攻撃時に2枚までキャラを活動状態にすることが可能なので、「とっておき」も
使いやすい。


自由登場アプ禁なぎさ(04-036)
なぎさであるため登場時にポイントを表にすることができるため、実質0コスト。
条件は限定的であるもののアプ禁効果も持っており、自身は自由登場で
あるため、不意に場に出たキャラにも対応しやすい。
尚、「このターンの間に場に出たキャラ」とは効果で「場に出る」キャラに限らず、
登場したキャラも含まれるため、効果の範囲は思いの外広い。
そのため、「自由登場アプ禁ほむら(03-056)」と比較しても遜色ない。


サポートマミなぎさ(04-084)
マミなぎさデッキの要になるカード。
常駐のコスト軽減はカードをプレイするたびにアドバンテージを得ていることと
同義なので、初手で登場させてガンガンアドバンテージを取っていきたい。


ポイント置き換えマミ(03-083)
上記の「サポートマミなぎさ」により0コストで登場できるため、
アドバンテージ面が「ポイント入れ替えマミ(01-084)」と変わらなくなった。
しかし、魔法少女であるため「軽減キュゥベエ」の種にできることや、
置き換えるカードの種類を選ばない分、こちらの方が優秀である。


2ドローサイクルマミ(03-084) 
誰でも最初に思いつくであろう、コスト軽減と相性の良いカード。
キャラを場に出しつつ、手札の枚数を減らさずに入れ替えをする動作が弱いわけがない。


軽減キュゥベエ(04-050)
軽減効果を2回有効に使えればアドバンテージがとれる。
マミの場合は2コストのマミ各種に加え、「マミQ」や相手ターンに「自由登場アプ禁なぎさ」を
登場させた後の「自由登場全体パンプマミ」等、有効に働く場面が他のキャラに比べて
多いので、莫大なアドバンテージが期待できる。


3ソースマミ(04-081)
マミの場合、常駐でコスト軽減があるため3ソースは限定的な場面でしか
有効ではない上、ポイントを再利用することも置き換えることも得意なので
枚数は少なめで良いはず。


とっておき
基本的にどのキャラを寝かせても相手は吹っ飛ぶので、お得意のアンタップと
合わせて隙を見せずに使っていきたい。
折角の除去カードなので枚数を多くしたいと思いつつも、現実的に使用は1回が
精一杯だと思われる。



魔法少女限定大会で対戦したデッキが2回ともさやかだったためか、
「さやかキラー」と称されたマミさんですが、速度考えると
マミが絶対に有利と言う訳ではありませんのであしからず。

また、先日開催されたM&ETCGフェスタ2014の紅白戦でも同デッキを
使用しましたが、バッチリ時間切れしました。流石。
スポンサーサイト

テーマ : プレシャスメモリーズ
ジャンル : ゲーム

tag : 魔法少女まどか☆マギカ プレシャスメモリーズ シングル デッキ マミ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fuby

Author:fuby
出身地 : 神奈川県
自己紹介 :
自然を愛する自由人。
趣味はTVゲームやTCG。

ゲームはポケモン、モンハン。
TCGはMTGとプレメモをプレイしています。

最近は艦これにハマり中…

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。