スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PM】 まどか☆マギカ デッキ紹介 「新まどほむビート」

店舗予選で権利を獲得した際に使用した「まどほむ」デッキの紹介です。
何かしら参考になる部分があれば幸いです。



新まどほむビート


<-使用コスト6->
 SPサポート神まどか(02-005)×1
 PR6コストほむら&まどか(P-011)×2
<-使用コスト5->
 SPコピーほむら(02-008)×2
<-使用コスト4->
 バウンスキュゥべえ(01-054)×1
 新SRサポートまどまど(03-011)×1
 赤ほむまど神(03-029)×2
 私服ほむら(03-045)×1
 新SR青ほむまど(01-037)×2
<-使用コスト3->
 コスト軽減ほむまど(01-009)×2
<-使用コスト2->
 旧SRキュゥべえ(01-032)×2
 サンタほむら(03-023)×4
 パンプほむまど(03-028)×2
 新SRほむら(03-039)×3
 メイン2リアニほむら(03-040)×3
 自由登場アプ禁ほむら(03-056)×2
 ローソンまどか(L-006)×1
<-使用コスト1->
 デッキ回復まどか(03-007)×1
 パンプサイクルほむら(03-042)×2
 CIPメイン2ほむら(03-046)×2
 ドローサイクルほむら(03-047)×4
<-使用コスト0->
 デモコンキュゥべえ(01-046)×2
 2ドローキュゥべえ(01-047)×1
 鹿目知久(03-092)×1
 3コスト軽減メガほむ(P-016)×2

-キャラクター(46)-

 彼女らの見つめる先は×4
 魔法少女への憧れ×1
 体育祭×1
 彼女らが集う場所×4
 うたた寝×4

-イベント&サポート(14)-




デッキの解説
「新SRほむら」の胡散臭い回避能力を軸にしたビートダウンデッキ
「コピーほむら」と合わせて2面妨害不可に出来れば、
お互いに5面並んだ状態でも2点通る計算になるため、突破力は想像以上に高い。
また、サタンこと「サンタほむら」や「新SR青ほむまど」を最も自然な形で
採用できるため安定性も高い。

その他は追加のアドバンテージエンジン+防御手段として、
「メイン2リアニほむら」、「赤コンビ」を採用している。



●主要カードの解説

SPコピーほむら(02-008)
コピー対象が増え以前より強化された。
登場時は「サンタほむら」をコピーして追加のアドバンテージを狙っていきたい。


バウンスキュゥべえ(01-054)
MTGの「予言(2枚ドロー)」と「精神腐敗(2枚ハンデス)」はどちらも1:2交換を狙えるカード。
どちらが強いとは一概に言えないものの、このデッキの場合、
「赤コンビ」が機能し始めると手札が大量に余るため、
更にドローを狙っていくより相手のリソースを奪う方が有効だと思われる。

重量級のキャラが並び易いまどマギ相手だとバウンスは非常に強力。
そうでなくとも対象に制限の無いバウンス自体、
「拒絶」と「フリーズ」の同時使用と大差ないので損はしない筈。


新SRサポートまどまど(03-011)デッキ回復まどか(03-007)鹿目知久(03-092)
デッキ回復3種。
小回りが利く「デッキ回復まどか」は「サンタほむら」と相性良好。
とは言え、「ケーキビュッフェ」を含めデッキ回復はどれも一長一短であり、
判断が難しい。


赤ほむまど神(03-029)
「思わせぶりな態度」内蔵の「赤コンビ」。
「真宵」も「除去付与イカ」も「箱唯」も「猿コンビ」も「歴女」も「さやか」も「杏子」も
受けられる万能過ぎる防御手段。

基本的に「メイン2リアニほむら」を経由して場に戻りアドバンテージを取っていきたいので、
1枚は捨て札置場にある状態が理想。
ただし、相手に2コスト以下のアタッカーが2枚以上いる場合等、
このカードをメインエリアに登場させた方が良い場合も多々あるので、
判断を間違えないようにしたい。


私服ほむら(03-045)
相手の「うたた寝」を捨て札に出来る可能性を秘めており、
デッキデスが擬似的な回避能力として機能するため、
「STほむら(01-027)」よりも優秀と思える場面が多い筈。


新SR青ほむまど(01-037) 
殆どの場合、サーチ対象は「自由登場アプ禁ほむら」や「ローソンまどか」で、
杏子やさやかを大きく減速させたり、確実にフィニッシュを狙ったり。
特に「ローソンまどか」はタイミング的に対処されにくいので非常に頼もしい。


コスト軽減ほむまど(01-009)
場に出てしまえば30/30のバニラであるものの、妨害制限を掛けながらのビートダウンでは
単純に頭数が増えるだけで強い。
「コピーほむら」を登場させる際にまどかネームも役立つ。


旧SRキュゥべえ(01-032)
「うたた寝」合戦になれば活躍する機会があるかもしれない。
基本的に1枚は「サンタほむら」で除外される。


サンタほむら(03-023)
今のうちに使っておきましょう!
ほむらデッキの場合、回避能力を持つ貴重なアタッカーなので
出来るだけメインエリアに出したい。


新SRほむら(03-039)
相手メインの単体パンプを全て無効化する外道。
アプローチの際に誘発する「拒絶」と似た効果は「コピーほむら」で重複させると
手に負えないレベルの脅威になる。
ちなみに先人の知恵では、普通に5パンするよりも「拒絶」付きで4パンする方が強いらしいです。
「6コストコンビ」とコピー対象を迷った際の参考に。



メイン2リアニほむら(03-040)
追加のアドバンテージ獲得エンジン。
このデッキの場合、1ターン目からリアニメイトを狙っていくわけではないので、
初手はメインエリアのキャラを優先して登場させるようにしたい。


デモコンキュゥべえ(01-046)
「サンタほむら」の登場後はイベントをサーチできるキャラクターの強さが一層引き立つ。
今回はコピーだでなくリアニメイトを行うので、捨て札を増やす効果も更に有効。
ただし、貴重な「うたた寝」が複数枚捨て札に落ちてしまうなどの
不安な要素も多分にあるので、使用するなら短期で勝ちきれる構成にするか、
回収手段を別途用意するなど、工夫が欲しい所。


彼女らの見つめる先は魔法少女への憧れ
タイミング的にも扱い易い、単純に強力なサーチカード。
「サンタほむら」の能力を起動するためにも枚数を減らしすぎないようにしたい。


体育祭
基本的に純粋なビートダウンで勝ち切れる筈なので、狙えれば狙っていく程度の認識でOK。



今回は短期決戦を目指してシンプルな構成にしてみました。

現環境では殆どの相手が「赤コンビ」を突破できないので、
基本的には負けないデッキであると思います。
杏子で低コストをメタるくらいなら、まどほむで「赤コンビ」使えば良いじゃん、
ってなりますね…


そんな強力なまどほむも、そのうち全く勝てなくなる時代が来るのでしょうか。

プレメモ怖い。
スポンサーサイト

テーマ : プレシャスメモリーズ
ジャンル : ゲーム

tag : プレシャスメモリーズ 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版 シングル デッキ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fuby

Author:fuby
出身地 : 神奈川県
自己紹介 :
自然を愛する自由人。
趣味はTVゲームやTCG。

ゲームはポケモン、モンハン。
TCGはMTGとプレメモをプレイしています。

最近は艦これにハマり中…

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。