スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PM】 「劇場版魔法少女まどか☆マギカ」 先週のカード考察1

プレシャスメモリーズ劇場版 魔法少女まどか☆マギカ」発売一ヵ月前と言うことで、
公式サイトの「今日のカード」でも、まどマギのカードの紹介が始まりました。

今回は、先週公式サイトおよびアキバBlogにて公開されたカードの紹介と、
簡単な考察をします。
PM公式

鹿目 まどか(03-003)

使用コスト5/発生コスト2/AP50/DP50
[魔法少女]
退場時、このカードをゲームから除外し、全てのプレイヤーは
自分のポイント置場のカードを1枚手札に戻す。


「実質0コストキャラ」相手に余裕で相打ちを取られそうなサイズと、
得してんだか損してんだか分からないPIG能力を持つ5コストのまど神様。
どちらかのポイント置場にカードがない場合、退場時の効果は無効になるのか、
片方だけ手札に戻せるのか、または退場することが出来なくなるのか。
その辺のルールに自身がないため、曖昧な考察になる点はご了承下さい。


基本的に受け身なカードだと思うので、妨害時に上手く退場させて
2枚分の壁にするのが真っ当な使用法だと思われる。
相手のポイントも回復するのが難点だが、「6コストコンビ」等の存在により
自分と相手で1ターンの間にアプローチできる回数に差がある場合、
回復が同じ1ポイントでも、その重みが異なることなど十分あり得る。
そう考えれば想像より悪くないカードかもしれない。

また、ポイントで勝利するデッキでなく、例えば「デッキデス」であれば
この効果はより魅力的だと思える筈。
相手のポイント置場にカードがない場合、自分だけ手札に戻せるのであれば尚更。
自身の効果により除外されてしまうため、使いまわせない点が惜しい。


佐倉 杏子(03-012)

使用コスト5/発生コスト2/AP50/DP30
[魔法少女]
このカードがポイントを与えた場合2ドロー。
自分の「佐倉杏子」がアプローチしている場合、
相手は使用コスト2以下のキャラを妨害に参加させることができず、
キャラを登場させることができない。


杏子のロード的存在。全ての杏子に「天然2」を付与する、どこかの「けいおん」と似た効果。
このカードの存在により杏子デッキにおける
「ST杏子(01-011)」の存在価値がほぼなくなってしまった。

「サルベージ杏子(02-017)」等の2コストキャラまで「天然2」で攻めに行けるため
特定の相手に対してより決定力が増すと思われるが、DP50の壁が未だに厚い。
この課題を解決できるカードが欲しいところ。

自由登場禁止効果もついているが、2枚目以降のアプローチの間には
割り込めるタイミングが存在する点に注意。


避けられない戦い(イベントカード)

使用コスト2/発生コスト2
[アプローチ/相手]:アプローチに参加している使用コスト2以下の
相手のキャラ1枚と、メインエリアにいる自分の活動状態のキャラ1枚は、
退場判定を行う。


普通に考えれば素直にその活動状態のキャラで妨害すればいいので、
それが叶わない近年流行の「妨害されない」キャラを意識したデザインだと思われる。

その他にも、チャンプアタックに対してコンバットトリックを撃たれる前に
一方的に退場させたり、「妨害されたとき~」といった効果を誘発させずに
退場判定に持ち込めると言った利点がある。

この効果のためにカードを2枚消費する価値があるかは微妙だが、
有効に使えれば自由登場キャラ1枚分の仕事はするので妥当もしれない。
ただし、「少女の追想」同様に対象が限定されている点は軽視できないため、
やはり守備面では「うたた寝」が優先されるだろう。


アキバBlog

鹿目 まどか(03-008)

使用コスト1/発生コスト2/AP20/DP20
[--]
[メイン/自分]タップで自分のキャラ1枚を指定し、デッキ上のカード2枚を表にする。
その後、指定したキャラは、表にしたカードの中にある同名キャラ1枚につき
ターン終了時まで+10/+10の修正を得る。


登場にコストが必要な上、メインフェイズにランダムな値の
修正をするカードに高い評価はできない。

「まどか単デッキ」なら「デッキ操作ほむまど(01-008)」や「PPPまど神(P-013)」等、
何度もアプローチさせたいカードを、ある程度信頼できる頻度で強化できると思うので
需要があるかもしれない。

ただ、私は「歴史の真実」や「SPサポートほむら(02-009)」等、
物理的な器用さが要求される面倒なカード自体が好きではない。


暁美 ほむら(03-044) 

使用コスト2/発生コスト2/AP30/DP30
[和服]
自分のメインフェイズ以外でも登場できる。
自分と同じ特徴を持つ自分のキャラが4枚以上いる場合、+20/+20を得る。


「まどマギ」のアプローチフェイズに登場できるカードとしては
初のコンバットトリック要素を持たないキャラ。
強化条件を満たせれば破格のカードだが、現時点で他の「和服」が公開されてない以上、
何とも言えない。

自由登場の新たな選択肢として、コストが被る「自由登場マミ(01-079)」と
枠を取り合うことになるのか。


巴 マミ(03-082)

使用コスト0/発生コスト2
[--]
[メイン/自分]【0】:自分のポイント置場にある「巴マミ」1枚を裏向きにする。
その場合、このターン次にプレイする「巴マミ」1枚は、使用コスト-4を得る。


ポイント置場のマミが実質4ソースとして使えるようになるため、弱いわけがない。
このカードの登場により、「水着マミまど(P-004)」が実質0コストキャラに。
「5コストマミ(02-019)」もカード2枚分の消費で登場できるようになった。

「ポイント入れ替えマミ(01-084)」や「ポイントオープンマミ(01-082)」で
容易にポイントを使いまわせる点も嬉しい。
しかし、4ソースで使いたいマミが他に思い当たらない…。SRマミ?

あと、マミさんは制服着た方が可愛いですよ!(仁美的な意味で)



先週公開されたカードは自分の知っているまどマギの域を出ていないため、
正直安心しました(笑)
露骨に強いカードよりもこれくらい微妙な方が考えて楽しいし、
使っていて面白いし、勝った時嬉しいし。

発売が楽しみですね^q^
スポンサーサイト

テーマ : プレシャスメモリーズ
ジャンル : ゲーム

tag : プレシャスメモリーズ 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版 シングル 考察

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fuby

Author:fuby
出身地 : 神奈川県
自己紹介 :
自然を愛する自由人。
趣味はTVゲームやTCG。

ゲームはポケモン、モンハン。
TCGはMTGとプレメモをプレイしています。

最近は艦これにハマり中…

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。