スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MTG】 ドラゴンの迷路 注目のカード紹介

「ラヴニカの回帰」ブロック第三のエキスパンション「ドラゴンの迷路」の発売から
半月ほど経過しました。

実際に触れてみた感想ですが、やはり最後のセット故に全体的に強力であり、
リミテッド以外でも使ってみたくなるようなカードが多いです。
小型であるため特定のカードを集めやすい点も魅力で、久しぶりに構築の方も
遊びたくなりますね。というか、大型続きすぎ


そんなわけで、今回は「ドラゴンの迷路」の中で個人的に注目しているカードを
何枚か紹介したいと思います。


●ザル=ターの古きもの
ザル=ターの古きもの (3)(赤)(緑)
クリーチャー - ビースト

いずれかのプレイヤーがマナを引き出す目的で土地を1つタップするたび、そのプレイヤーはその土地が生み出したいずれかのタイプのマナ1点を自分のマナ・プールに加える。

7/5
基本的に恩恵を受けるのが相手からである点が評価を下げている。
しかし、土地から出るマナが倍になる能力は軽視できるものではないし、
自身も5マナ7/5と脅威になりえるサイズであるため、使い方次第で
大化けするカードであると思われる。

「自然の伝令、イェヴァ」等で瞬速を持たせ、自分から恩恵を受けられるように
してみると面白いかもしれない。


●唯々+諾々
唯々+諾々
融合(あなたはこのカードの片方または両方をあなたの手札から唱えてもよい。)

唯々 (緑)(青)
ソーサリー

このターン、クリーチャーが1体戦場に出るたび、あなたはカードを1枚引いてもよい。


諾々 (4)(白)(青)
ソーサリー

飛行を持つ白の1/1のクリーチャー・トークンを4体戦場に出す。


THE誤植カード。
注目しているのは「唯々」の方で、これはモダンで禁止カードになっている
「垣間見る自然」とほぼ同等の効果。
「唱える」でなく「戦場に出る」たびになっており、「不死」やトークン生産を
利用出来る分「唯々」の方が優秀な場面が多い。
また、地味に相手のクリーチャーが戦場に出る際にも誘発するため、
牽制としても使えるかも知れない。1マナ重いがかなり優遇されている。

色拘束に違いはあれど、2枚も引ければ「予言」を上回るコストパフォーマンス。
「炎樹族の使者」などコストを踏み倒せるカードを上手く使っていきたい。

大量ドローを狙う場合、「未練ある魂」等の1枚で複数トークンを出す呪文と
相性が良さそうだが、「諾々」が6マナで4体と考えるとあまり効率が良いとはいえない。
トークン生産や循環系の能力を持つパーマネントと組み合わせ、少ないコストで
クリーチャーを戦場に出せる手段が欲しいところ。



●腐敗農場の骸骨
腐敗農場の骸骨 (2)(黒)(緑)
クリーチャー - 植物・スケルトン

腐敗農場の骸骨ではブロックできない。
(2)(黒)(緑),あなたのライブラリーの上から4枚のカードを墓地に置く:腐敗農場の骸骨をあなたの墓地から戦場に戻す。この能力は、あなたがソーサリーを唱えられるときにのみ起動できる。

4/1
ほぼ永久に蘇るパワー4のアタッカーが弱いわけがなく、
更に墓地を肥やす事により「活用」や「フラッシュバック」等の
追加のリソースを得ることができるため、コントロール側からすれば厄介な1枚。

「稲妻のやっかいもの」と「怨恨」があれば、毎ターン「ボールライトニング」を撃っている気分。


●死橋の詠唱
死橋の詠唱 (4)(黒)(緑)
ソーサリー

死橋の詠唱が戦場に出たとき、あなたのライブラリーの一番上から10枚のカードをあなたの墓地に置く。
あなたのアップキープの開始時に、あなたの墓地にあるカード1枚を無作為に選ぶ。それがクリーチャー・カードである場合、それを戦場に出す。そうでない場合、それをあなたの手札に加える。

墓地を肥やす手段としてはやや重いものの、毎ターン追加でアドバンテージを得られる能力を
併せ持っているため妥当なところか。
回収が無作為な点が気がかりだが、一度墓地を掃除すればその後は欲しいカードが
ほぼ確実に手に入る。
そのため、能動的に墓地を除外して特定のカードのループを狙うのが定石だと思われる。
しかし、通常の墓地利用デッキでも、相手からすれば全部除外すれば上記の通り
狙ったカードをループされる可能性が上がるため、牽制としても有効かもしれない。

ともかく、使い方を考えるのが楽しいカードである。


●覚悟+意欲
覚悟+意欲
融合(あなたはこのカードの片方または両方をあなたの手札から唱えてもよい。)

覚悟 (1)(緑)(白)
インスタント

このターン、あなたがコントロールするクリーチャーは破壊されない。あなたがコントロールする各クリーチャーをアンタップする。


意欲 (1)(白)(黒)
インスタント

あなたがコントロールするクリーチャーは、ターン終了時まで接死と絆魂を得る。


注目しているのは「覚悟」の方。
マナクリーチャーと相性が良く、全体除去に耐性がつく上、数が並べば加速手段として
機能する他、サイズの小ささも「意欲」で接死をつけることである程度補える。
マナクリーチャー中心のマイアデッキなどで活躍するかもしれない。



「復活の声」や「ワームの到来」など、あからさまな物にはわざわざ触れませんのであしからず。
個人的には比較的安価で楽しいカードに注目したいと思っています。

しかし、「ザル=ターの古きもの」のように「使ってみたい!」と思わせるカードも、
最初は強力に振舞える状況を想像して組み合わせを模索しますが、
考えるうちにどんどん不安になってきて、最終的に自信が無くなりますね(笑)

それでも、「ドラゴンの迷路」のカード無視で再録したギルドランドに歓喜する様は
どこか切ないので、半端物のレア達にも頑張って頂きたいです。
スポンサーサイト

テーマ : Magic:The Gathering
ジャンル : ゲーム

tag : MTG DGM ドラゴンの迷路 考察

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fuby

Author:fuby
出身地 : 神奈川県
自己紹介 :
自然を愛する自由人。
趣味はTVゲームやTCG。

ゲームはポケモン、モンハン。
TCGはMTGとプレメモをプレイしています。

最近は艦これにハマり中…

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。