スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MTG】 ドラゴンの迷路、プレリリース結果

先日行われたMTGドラゴンの迷路」のプレリリースに参加してきたので、
構築したデッキの紹介と、戦績を公表します。

ちなみにギルドは「イゼット」を選択しました。



ギルドパック(イゼット+シミック+DGM×4) シールドデッキ

平地×2
島×8
森×5
セレズニアのギルド門×1
シミックのギルド門×1

-土地(17)-

エリマキ眼魔×1
つぶやく幻×1
霊異種×1
緑側の見張り×1
クロールの戦士×1
返済代理人×1
ドレイク翼の混成体×1
昆虫体の魔道士×1
青銅嘴の恐鳥×1
ジェーレンのスフィンクス×2
主席議長ゼガーナ×1
トロスターニの召喚士×1

-クリーチャー(13)-


急速混成×1
走者止め×2
精神静電×1
新緑の安息所×1
唯々+諾々×1
投与+享受×1
生存+存命×1
アゾリウスの導き石×1
セレズニアの導き石×1

-その他(10)-


リーヴの命令×2
ハズダーの罠部隊
太陽塔の門番
尖塔のロック鳥

払拭
圧縮
発掘された道しるべ
ルーン翼
水馬
すがりつくイソギンチャク
オパール湖の門番
霊感
盗賊の道

悪意ある占有
破滅小径の悪党
ラクドスのドレイク
雇われ拷問者
墓所への乱入
迷路の嫌悪者

馬力充電
暴動の長槍使い
飛行術の探求
高射砲手
どぶ潜み
滅殺の火
敵への処罰
迷路の急襲者×2

繕いの接触
突然変異の捕食
野生林の再誕
最上位権限
乱打する混成体
順応する跳ね顎
迷路のビヒモス

膨れコイルの奇魔
ゴブリンの電術師
水形
雨雲を泳ぐもの
税収飲み
ニヴィックスのサイクロプス
平和の復元
盗まれた計画×2
労苦+苦難
変転充填魔
本質の反発
原形質捉え
見えざる者への債務
猛火の孟子
瘡蓋族の巨人
イゼットの模範、メーレク
竜英傑、ニヴ=ミゼット

装甲輸送機
ボロスの導き石
ディミーアの導き石
ゴルガリの導き石
グルールの導き石
ラクドスの導き石
シミックの導き石

イゼットのギルド門
グルールのギルド門
オルゾフのギルド門
ラクドスのギルド門

-サイドボード-



MTG以外のTCGの大会も同時に行われていたため構築用の座席が足りず、
店のカウンターを借りて構築するという人生初の体験。
思い出に残るプレリになりました(笑)

また受け付けの際にギルド缶バッジを頂いたのですが、これもなかなかカッコイイ。
特にイゼットはPCGやってるちびっ子も欲しがりそうなデザイン。隠しておこう。


さて、カードに関しては2つのギルドパック共にギルド長を引くという熱い展開。
その他のレアも青絡みの物ばかりで、かなりパワーの高いデッキが
構築できそうでした。しかし、逆にカードが多すぎて40枚にまとまらない。

最終的に色事故を危惧し、タッチでは使いにくいニヴ=ミゼット(赤)を諦め
白青緑の3色デッキを構築しました。



●1戦目:ボロス(白赤)  ○○
やはりどうしても3色以上になってしまう環境 + DGMはGTCに比べ低マナ域に
攻撃的なクリーチャーが少ないプールであるため、速攻で押し切るのは難しい様子。

さらにこちらは2枚の「走者止め」や「つぶやく幻」で序盤を凌ぎ、
導き石からタフネスが高い「ジェーレンのスフィンクス」へと
繋げる構成であるため相性が良かったと思われます。

1セットは「ルーリク・サー」に無双されそうになるも、
こちらも何とか「霊異種」をトップし逆転。
実質「死なない」「警戒」「ブロックされない」クリーチャーとして振舞う「霊異種」は
想像以上に強かった。


●2戦目:オフゾフ(白黒青緑)  ○××
なんとギルドパックからレアが出なかった(エラーパック)、可哀想な友人とのマッチング。
「ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社では今後このようなことが…ry」

1セット目は「ジェーレンのスフィンクス」から「諾々」や「トロスターニの召喚士」のような
パワーカードをぶつけて圧勝。
2、3セット目は門→門→「問道の影」と展開され、超パワーを抑えきれず敗北。
走者止まらないw

ちなみに友人はこの日全勝だったそうです。レア1枚無くても無問題とは、カッコイイb


●3戦目:オルゾフ(白黒)  ○○
相手「オブゼダード」、私「霊異種」の明滅合戦。
オブゼの隣で進化していく「乱打する混成体」を見て、「強請」と「暗号」の様に
露骨なもの以外にも様々なカード同士でシナジーがあるのだと改めて感心しました。

勝敗を分けたのは「主席議長ゼガーナ」のドローで、DGMのような低速環境であればこそ、
カード1枚の強さは重要だと思いました。


●4戦目:シミック(青緑)  ○○
1セット目はパワカぶんぶーん。

2セット目は序盤優位に攻め続けるも相手が「霊異種」をプレイしてから雲行きが怪しく。
実際、私のハンドには対処する手段が無く、攻められ続ければ負けていたと思いますが、
序盤にライフを削っていたことが幸いし、相手が慎重なプレイを続けたため、
徐々に盤面がこちらの有利になって行きそのまま勝利。

確かに除去1枚でゲームが終わる状況が続いたため攻め辛かったと思いますが、
恐らく守備に回っても除去があれば戦況は悪くなる一方だと思うので、
あったら仕方ないと割り切って攻めても良かったかな、と思います。
結果論ですし、デッキの内容を全て把握しているわけでもないので難しい所ですが。

どうでもいいですが、「霊異種」の横で進化する「乱打する混成体」が可愛かったです(*^^*)



総合戦績は3勝1敗。GP横浜に比べれば大きな進歩です!うん?

全体的には、とにかく多色環境故の派手なパワカのぶつけ合いだった印象。
GTCはテンポ重視でしたが、DGMは如何にパワカをプレイするかが重要だと思うので、
マナ基盤から何処までカードをプレイ可能か判断できれば構築が楽になると思います。

本当はミゼット様と共に闘いたかった(泣)

スポンサーサイト

テーマ : Magic:The Gathering
ジャンル : ゲーム

tag : MTG ドラゴンの迷路 DGM シールド戦 プレリリース

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ひぃ。赤が抜けてるー…orz そんな日もありますよね。
いい感じのタッチ白ですね。
霊異種とか、スフィンクスとかいいなぁ。

私はディミーア+アゾリウスでした。
見えざる糸が疑似マナブースト役をしてて偉かったです。

DGMは除去がろくにないので、パワカの勝負が多かったです。
高マナ域になってから毎ターンフルタップで動くと強い気がします。
採用する色とパワカのバランス勝負でしょうか。

霊異種は、殴る→追放→ブロック→追放→ とすれば二面で動けそうですね。

No title

>麩さん

赤は他には「滅殺の火」や「敵への処罰」等の除去がありましたが、前者はダブルシンボル、
後者はフィニッシャーに無力である点が気がかりでした。
「イゼットの導き石」が無かったこともタッチしにくかった要因です^^;

「見えざる糸」は「束縛の手」の劣化だと思っていましたが、アンタップ効果があるので
良く考えれば全く性能が異なるカードでしたね。
青でマナブースト+相手ターンに反撃用のマナを残せると考えると、何かに悪用できそうです。

DMGはやはり除去が少なく感じたため、パワカの影響力が大きかった印象です。
麩さんの仰る通り、中盤以降永続的に強力なカードをプレイできるような構築にすることが
ベストだと感じています。

「霊異種」は単体で仕事しすぎるので、本当にヤバいですよ(笑)

プロフィール

fuby

Author:fuby
出身地 : 神奈川県
自己紹介 :
自然を愛する自由人。
趣味はTVゲームやTCG。

ゲームはポケモン、モンハン。
TCGはMTGとプレメモをプレイしています。

最近は艦これにハマり中…

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。