スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレメモとヴァイスの比較

3月9日、「プレシャスメモリーズ」と「ヴァイスシュヴァルツ」という
2つのTCGに一部で大人気の「初音ミク」が参戦しました。

今回は
「ミクが参戦するということでTCGを始めたいけれど、どちらが良いかわからない。」
という人のためにプレメモとヴァイスの簡単な比較をします。


ちなみに、自分はプレメモユーザー。
ヴァイスは過去にTDを買って少々遊びましたが、一か月でやめました。
そのため、ヴァイスについては間違った見解があるかもしれないことは
留意してください。

それでは、2つのTCGの長所と短所を紹介します。


プレシャスメモリーズ(PM)

●良い点

・ルールが分かり易い
ゲームの流れが単純で分かり易く、カード(効果)の使用できるタイミングと
戦闘のしくみを覚えるだけで特に問題なく遊べる。
直観的でないテキストが散見されるものの、慣れればあまり気にならない。

・フレイバーテキストが面白い
ゲームとは直接関係のない要素だが、カードの効果と照らし合わせると思わず
感心してしまうような面白いフレイバーが多い。
有名なのは俺妹の「ソース桐乃(01-001)」。まどマギだと「ブレイクほむら(01-025)」や
「同名イベント封じキュゥべえ(01-069)」が印象的。
※ただし、初音ミクのカードは殆どFTが存在しない

・イベントの景品が豪華
限定プロモの入手に必要な膨大な出費を還元してくれるかのごとく、
定期的に開催されるイベント(PM&PCパーティ等)では大量のデッキシールドを
無償で配布してくれるなど、かなり太っ腹。
デッキシールドの生産なんてコスト掛からねーだろ!とか野暮なことは言わないように(((
WSはイベントに参加したことが無いため不明。


●悪い点

・パワーバランスが悪い
明確な基準がないためか、回を重ねるごとにオーバーパワーなカードが
登場する傾向がある。
この点は作品の区切りがないミックスレギュレーションでは問題ないが、
プールを更新できないシングルレギュレーションにおいて深刻な問題であり、
「好きな作品を使って勝つ」という理想の実現は難しい。

・プロモ商法

具体的には「強力なプロモカードを期間限定で配布する行為」。
実際に格差を生むカードも多数存在するため、勝ちたいのであれば
相当な投資を覚悟すべき。
これは賛否両論であるものの、限定プロモの有無で格差が生まれるゲームは
敷居が高いだけでなく、手に入れ損ねたときモチベーションが凄く下がる。
自分的にPMを続けるのが億劫になる一番の要因。


●その他

サーチカード&ドローソースが豊富且つ、枚ターン2ドローという性質上、
基本的にデッキ全部を使って戦うことになる。
そのため、構築力など実力が勝敗に反映されやすい。
カードはPCGと同様にコレクションナンバーで区別する方式であるため、
一見分かりにくい。



ヴァイスシュヴァルツ(WS)

●良い点

・カードのみでゲームができる
MTGではライフカウンターやトークンカード、PCGではダメカンやコインなど、
多くのカードゲームはカード以外にも幾つかの小物を用意する必要がある。
しかし、WSはそういった小物を用意する必要なく、盤面に起こる全ての事象を
デッキ内のカードで完結させる。
些細なことだが、カードさえあれば遊べるという親切な設計は好印象。

・パワーバランスが良い
PMと違い明確な基準値があるため、前後の作品でもカードパワー差によるの
バランス崩壊を起こしにくい。
そのため、過去の作品を使っても十分に勝負を楽しむことができる。


●悪い点

・ルールが不親切
アタックの種類、全てのキャラがアンコール可能である等、
単純に覚えなければならないルールが多い。
また、ストックに置くカードは一度公開したものであっても後に確認することは出来ず、
順序も変更不可など、ストレスになる要素も少なくない。

・カードのデザインが単調(効果)
クライマックスカード全種やバニラカード、応援持ちのカードなど一部のカードは
名前こそ違うものの、全ての作品に全く同じ効果で収録されている
確かに作品間に差は生まれないためバランスは保たれるが、そういう問題だろうか?
誰でも思いつく様なデザインばかりでは面白みがない。

・カードのデザインが美しくない(外観)
キャプ画をそのまま貼っつけたようなチープなデザインが個人的に受け入れられない。
版権絵をそのまま切り抜いて使用しているため、あるキャラクターのイラストに
別のキャラクターの一部が写り込んでいる居ることなどざら。流石に雑すぎる。
せめて金を払っても良いと思える程度に見栄えのするものにして欲しい。


●その他

アナログゲームでありながら、クリティカル攻撃や回避行動など、
デジタルゲーム的な要素を盛り込んでいる点、
また、そういった本来なら擬似乱数が必要な要素を、ダイスやコインなどを使わず
カードの特性のみ(アイコンや種類など)で表現した点は革新的。
しかし、カードの運要素に加え、デジタルゲームの運要素まで追加しているため、
非常に運に左右されやすいゲームという印象が強い。
カードはMTGと同様に名前で区別する方式。



結論を言うと
努力して結果を出したい&ヴィジュアル的にも楽しみたい人にはプレメモ、
一進一退のシーソーゲームが好き&長い期間同じ作品で遊び続けたいと思う人には
ヴァイスがお勧め。
どちらもゲームとして面白いと思うので、この機会に是非^q^
スポンサーサイト

テーマ : プレシャスメモリーズ
ジャンル : ゲーム

tag : プレシャスメモリーズ ヴァイスシュヴァルツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fuby

Author:fuby
出身地 : 神奈川県
自己紹介 :
自然を愛する自由人。
趣味はTVゲームやTCG。

ゲームはポケモン、モンハン。
TCGはMTGとプレメモをプレイしています。

最近は艦これにハマり中…

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。