スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ポケモン】 カントーカップ考察

2月23日~2月25日にカントー地方のポケモンのみが参加可能なWi-Fi大会、
カントーカップ」が開催されます。

今回はその限定的な環境についての簡単な考察と、流行ると思われる
ポケモンを紹介をします。

はじめに、カントーカップの内容ですが
「全国図鑑No.001~149までのポケモンが参加可能なシングルバトル」の大会です。

残念ながらミュウとミュウツーは使用できません。
まあ、予想どおりですね^^;



続いてこの大会の特徴ですが、カントー地方のポケモンのみが
参加できるというルール上、第2世代から登場した「あく」タイプのポケモンは
1種類も存在せず、「ゴースト」「ドラゴン」「はがね」タイプのポケモンも
それぞれ1系統のみなのに対し、「みず」タイプは種類も豊富で強力なものが多いなど、
タイプごとに使用できるポケモンの種類(数)に大きな偏りがある点に注目。

単純に考えると、抜群を取れる相手が少なくなった「かくとう」タイプの需要が減り、
種類の多い「みず」タイプに有利なポケモンが重宝されるようになるなど、
普段とは異なる構築を意識する必要がありそうです。



続いて、このルールで強力だと思われるポケモンを何種類か紹介します。


特に強力だと思われる4体と簡単な解説。


●カイリュー
制限なしのルールでも活躍しているカイリューが弱いわけがない。
さらに、今回はドラゴン技を半減できる鋼タイプが実質1種類のみであることや、
自分より早いドラゴンが使用不可であることも相まって、
普段以上に暴れやすい環境になっているため対策は必須。
逆に、カイリューの鉢巻しんそく程度で落とされるポケモン(フーディン等)は
採用しにくいと思われる。


●パルシェン
カイリューに対するメタとして真っ先に思いつくのがこのポケモン。
パルシェンはカイリューのメタだけでなく、積みアタッカーや
どくびし撒きなどの役割も担えるため、構築の邪魔になりにくい点もポイント。
というより、コイツも基本的にメタられる側のポケモン。


●ラッキー
「カイリュー」や「パルシェン」等、アタッカー気質のポケモンが
物理に多いため単体では活躍しにくそうな印象だが、「ヤドラン」辺りと
組むことで突破困難な受けを形成することができる。
また、ステルスロックを撒けそうなのもラッキーくらいなので
カントーカップにおいても使用率は相変わらずと思われる。


●キュウコン
特性で天候を上書きする術がない以上、活躍しやすい環境であることは間違いない。
取り巻きの夢特性御三家、特に「ようりょくそフシギバナ」は
超高速催眠技+高耐久と、場合によってはキノガッサよりも厄介な
相手になることが予想されるので、何かしらの対抗策は持っておきたいところ。

個人的には加速バシャーモよろしく、限定品が環境のトップに君臨する構図は
居た堪れないものがるので、晴れパは特に気合を入れて叩き潰してやりましょう(笑)




その他、使い方次第では強力だと思われる6体。



●バタフリー
持ち物:たべのこし
技:ねむりごな/エレキネット/みがわり/ゆめくい

キノコマンリスペクト。


●レアコイル
唯一の鋼タイプ。
特性「がんじょう」により出落ちの心配もなく、カイリューやフシギバナ等の
厄介なアタッカーに麻痺を撒けるだけでも優秀。
パルシェンには相性的に有利であり、進化前でありながら流行りそうな相手に対する
抑止力になる点が高評価。


●ゴルダック
特性「ノーてんき」により、晴れパのキュウコン+フシギバナの組み合わせに強い。
素早さも85で素の状態でもフシギバナより早く、とくこうに努力値を振っていれば
れいとうビームで×2で落とせる。
そのため、「まもる」や「みがわり」があればソーラービーム読みの後だしで
潰しに行くことも不可能ではない。


●ゲンガー
「ラッキー」&「ヤドラン」の受けループを崩すのに適したポケモン。
素早さも高く多彩なのでピンポイントメタで終わらせず、
もう何体か対応できるポケモンを増やせるようにすれば尚良い。


●ガルーラ
ねこだまし→れいとうパンチでカイリューに勝てるうえ、
特性「はやおき」がある程度の催眠対策としても機能するため、
フシギバナやバタフリーにも嵌められにくい優秀なポケモン。
無駄のないバランス型の種族値であり耐久も高めで、
ねこだましやふいうち等の先制技を絡めて火力を補えば、
殆どの相手にタイマンで勝てる。


●サンダース
初代からの高速アタッカーの代名詞的存在。
カントー図鑑をざっと見た感じだと「ニョロボン」「ヤドラン」「スターミー」「ラプラス」
「シャワーズ」等、水タイプに強力なポケモンが多いので、それらを上から潰せる
電気タイプは重宝する。
特性は「サンダー」等に強気に対して強気に出せる「ちくでん」も魅力的だが、
殻破りパルシェンや葉緑素フシギバナを上から殴れる「はやあし」も検討したい。



最近はイーブイカップやカントーカップの様に使用できるポケモンに
大きな制限のある大会が増えていますね。
個人的には限定的なプールでの対戦の方が好きなので、このような形式の大会は
今後も続いて欲しいと思いますが、ゲームの性質上新しいポケモンを
1体作るだけでも相当な時間を要する点は、連続して行われる限定戦と
マッチしていないとも感じております。

もう少し手軽に遊べるようなシステム面の変化を次回作に期待。

スポンサーサイト

テーマ : ポケットモンスターブラック2・ホワイト2
ジャンル : ゲーム

tag : ポケモンBW2 カントーカップ 考察

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fuby

Author:fuby
出身地 : 神奈川県
自己紹介 :
自然を愛する自由人。
趣味はTVゲームやTCG。

ゲームはポケモン、モンハン。
TCGはMTGとプレメモをプレイしています。

最近は艦これにハマり中…

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。