スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イーブイカップ ブースター、ブラッキー、グレイシア の再考察

イーブイカップにおけるブースターブラッキーグレイシア考察再び。

ブースターは火力を増強するタイプのアタッカー型について、
ブラッキーのろい積型のミラーマッチについて、
グレイシアはワザ「こおりのいぶき」についてそれぞれ考察します。


※努力値について以下のような略称を使用します。
H:HP A:こうげき B:ぼうぎょ C:とくこう D:とくぼう S:すばやさ


ブースター

火力積アタッカー型の考察


物理アタッカーである点や、素早さの位置づけも(シャワーズ、グレイシアブラッキー
S振りは少ないと思われる)リーフィアとやや被るものの、
耐性が異なるためグレイシアやリーフィアに強い点や、
半減の無い「からげんき」で難しい読みを回避できる点が魅力。

「A特化+1積み+こんじょうからげんき」で補正無B252のみのシャワーズ確定1発。
シャワーズが性格補正有でも6割程度の乱数1という高火力。
同条件の「でんこうせっか」でH振りのブースター&サンダース&エーフィがほぼ確定2。
シャワーズでも止まらないブースターはかなり危険。王と呼ばれるわけだ。

ちなみにノーマル技の火力は
ブースター(1積こんじょう)<イーブイ(1積適応力+いのちのたま)<リーフィア(剣舞+いのちのたま)
である。誤差レベルだが。


○火力が上がる積技、「のろい」と「ふるいたてる」について。

1.「のろい
素早さは下がるためトリパで使いたいが、通常でも使用に耐える性能。
物理攻撃に対する耐性が付くためブラッキーの「ふいうち」や
「しっぺがえし」を恐れずに突っ込めるようになる。
先制技の「でんこうせっか」との相性も良い。
しかし、「トリックルーム」なしでは、立場を逆転できるはずのシャワーズに
抜かれてしまう点が悩ましい。


2.「ふるいたてる
「ふいうち」やリーフィアの攻撃を軽減なしで受けてしまうものの、
素のままの素早さを活かしやすくなるため、シャワーズに対して非常に有利になる。

例:
性格:いじっぱり とくせい:こんじょう もちもの:どくどくだま
努力値 A、S調整、残りH
わざ:のろいorふるいたてる、からげんき、ばかぢから、でんこうせっか

のろい型の場合、Sはトリルを意識して最遅にするか、通常時に同ランクのブラッキー
抜ける程度に振るかは好みで。


ブースターの努力値について

A極振り+S調整、残りH。

Aは、相手が「H252のみ」、「B252のみ」の場合で確定1であり、調整の余りを
防御方面に振られると乱数2以下に落ち込む可能性があるため、可能な限り最大限
振っておきたい。

Sは基本的にミラー意識のイタチごっこなのでご自由に。
多めに振るなら「ニトロチャージ」の併用も視野に入れると良いかもしれない。


ブラッキー

のろい型ミラーマッチについての考察

ローテーションバトルなので、お互いブラッキーのみの1:1で戦うような場面は
あまりないと思われる。
当然、2:1の状況に持ち込んだ側が圧倒的に有利なので、そういった状況を
つくり易くするためにも、他の兄弟に対する仕事はきちんとこなせる様にしておきたい。
ミラーに特化させ過ぎのわけわからん構成にはしないように。


のろい型ミラーマッチを想定した技

1.ちょうはつ
ミラーマッチを想定した場合の最有力技。Sに少し振っておきたい。
お得意の搦め手を封じ、自分のペースに持っていく。
「ゴツゴツメット」を持たせ、相手の自滅を誘う。

2:1の状況を作れればさらに強力で、味方に「どくどく」をしてもらい、
「ちょうはつ」で回復を縛る、などができる。
また、「あまえる」があれば急所を引かれても負けないため、さらに安定する。

例:
性格:いじっぱりorわんぱく とくせい:シンクロ もちもの:ゴツゴツメット
努力値 H、AB調整、残りS
わざ:のろい、しっぺがえし、つきのひかり、ちょうはつ

Bに多めに振ると、相手が急所で突破するための積回数を増やせる。


2.おんがえし(ノーマル技)
殴り倒すつもりならば。
しかし、積ランクが同じである場合、A特化でもHブラッキーは乱数5発なので
急所を引かない限り落とせない。それゆえ「みがわり」持ちの相手は絶望的。
「とっておき」ならば確定4発なのでみがわりはこわせるものの、こちらも
急所を引かなければ突破は辛く、PP切れの心配がある。
どうしても運ゲーになってしまうので、出来るならもう一工夫欲しいところ。

A特化ならば、H振りのみのブラッキーは「2~3積以降での急所」で
突破が現実的になる。
一応後攻しっぺがえしでも5積急所で約90%の乱数1。
ただし、後攻でなければならないため、一撃で落とせないと
回復されてしまう可能性大。そういった意味ではノーマル技の方が安定する。
持ち物は急所を引かない限り勝てないため、「ピントレンズ」などが良いかもしれない。

例:
性格:いじっぱり とくせい:シンクロ もちもの:ピントレンズ
努力値 H、A
わざ:のろい、おんがえし、ふいうち、つきのひかり

急所勝負の場合、行動回数が減る「ねむる」は避けたい。


3.メロメロ、かげぶんしん、あやしいひかり等
殴り倒すつもりならば。
相手の行動を妨害することによって試行回数を増やし、先に急所を引く。
理屈的には有効な戦術だが、画面が青くなる可能性が飛躍的に高まるため、
場合によっては泣きを見そうな予感。

例:
性格:ゆうかん とくせい:シンクロ もちもの:たべのこし
努力値 H、A
わざ:のろい、しっぺがえし、みがわり、かげぶんしん

心底鬱陶しい。ちょうはつされろ!


○ブラッキーの努力値について
おそらくHAorHDのどちらかが多いと思われる。

・A振り
A無振りと比較して、決定力が生まれるまでの積回数が少なくなる。
性格補正有りだと乱数が確定になる場面が多い。

例:「A↑性格+努力値220振り+のろい2積み」でH252B4サンダース&ブースター確定1。
  =積みなしで同条件のエーフィ確定1。等

おんがえし等を搭載して相手のブラッキーを殴り倒すつもりならばA振り必須。
無振りの場合、相手の調整次第では急所を引いても倒せなくなってしまう。
※一応、無振り同士、極振り同士なら4積辺りから急所で倒せる可能性はある。


・D振り
特殊ダメージを軽減し、通常より多く積むことを目的とした振り方。

しかし、上で述べたようにAに多めに振らなければ6積でも相手のブラッキーを
落とせなくなる可能性があるため、積アタッカーと言うよりはサポート向きか。



グレイシア

こおりのいぶき」についての考察

こおりのいぶき」は必ず急所にあたるワザ。
それゆえ、相手の「ひかりのかべ」、「バークアウト」を無効化し、安定したダメージを
蓄積することができる。
特に有効な相手は「サンダース」「エーフィ」「リーフィア」で、「リーフィア」は
特防特化でも無い限り確定1発。
「サンダース」、「エーフィ」は強化アイテムを持てば少ない努力値で
H振りを確定2発にすることができる。
剣舞や壁を張るタイミングを見計らって攻撃していきたい。

欠点は急所技故に伸び白が無いため、急所でワンチャンスと言ったものが無いうえ、
命中率も90%という微妙な数値なので、逆に相手にチャンスを与えてしまうこと。
「こおり」の追加効果もないので、勝てない相手には絶対に勝てない。


グレイシアの努力値について
「C↑性格+C76振り+1.2倍アイテム」+こおりのいぶきで、
H振り「エーフィ」&「サンダース」確定2。
耐久に多く回せるため行動回数を稼ぎやすい。

「C特化+C1ランクアップ+こだわりメガネ」+こおりのいぶきでD特化ブラッキー確定2、
H振り「エーフィ」&「サンダース」確定1。
チャージビームorめいそうorふるいたてる+バトンで。



現在は孵化作業はほぼ終わったものの、メンバー構成と技構成と努力値振りに難儀中。
ずっと同じ戦法だと飽きるので、複数個の戦術が取れるようなメンバー構成に
したいと思っています。

ブラッキー育てようと思ったら、しっぺがえしの技マシンをもってなかった^q^
冒険してきますw
スポンサーサイト

テーマ : ポケットモンスターブラック2・ホワイト2
ジャンル : ゲーム

tag : ポケットモンスター イーブイカップ ブースター ブラッキー グレイシア のろい ふるいたてる こおりのいぶき 考察

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fuby

Author:fuby
出身地 : 神奈川県
自己紹介 :
自然を愛する自由人。
趣味はTVゲームやTCG。

ゲームはポケモン、モンハン。
TCGはMTGとプレメモをプレイしています。

最近は艦これにハマり中…

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。