スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレメモ まどか☆マギカ デッキ紹介 「真6コストコンビデッキ」

今回も強力プロモカード「明美ほむら&鹿目まどか(P-011)」を使用したデッキの紹介です。

しんかのきせき↓
プレメモ まどか☆マギカ デッキ紹介 「6コストコンビデッキ」
プレメモ まどか☆マギカ デッキ紹介 「6コストコンビデッキ改」

某超次元球技の必殺技のようなタイトルを付けているにも関わらず、
今回のデッキは「改」の要素を引き継いではいるものの「コンセプトが変更されている」ため、
正当進化とは言えない代物になっております。

タイトル詐欺なんて気にしないでプレメモやろうぜ!
デッキ紹介

6コストコンビデッキ(withマミさん.ver)

●キャラクター×46

使用コスト6
 PR6コストほむら&まどか(P-011)×3
 サポート神まどか(02-005)×1
使用コスト5
 コピーほむら(02-008)×1
使用コスト4
 水着ほむら(01-034)×1
 STまどか(01-004)×1
 プロモ水着マミ&まどか(P-004)×3
 プロモマミ(P-009)×2
使用コスト3
 ブレイクほむら(01-025)×1
 自由登場ほむら(02-010)×1
使用コスト2
 独楽さやか(01-010)×2
 SR水着まどか(01-033)×2
 鹿目 詢子(01-075)×2
 自由登場マミ(01-079)×4
 捨て札2枚回収マミ(01-080)×4
 ポイント入れ替えマミ(01-084)×4
使用コスト1
 サーチメガほむ(01-043)×2
 SPサポートほむら(02-009)×1
 デッキデスルーターほむら(02-011)×1
使用コスト0
 メガほむ(01-028)×2
 デモコンキュゥべえ(01-046)×2
 2ドローキュゥべえ(01-047)×1
 志筑 仁美(01-074)×2
 ポイントオープンマミ(01-082)×3

●イベント・サポート×14

 彼女らの見つめる先は×1
 私の大切な家族×1
 歴史の真実×1
 彼女らが集う場所×4
 うたた寝×4
 ケーキビュッフェ×2
 ひかりふる×1


主要キャラ&制服枚数(集う場所、仁美の参考に)

ほむら×13
まどか×10
マミ ×20
制服 ×25


デッキの解説

今までは「6コストコンビを登場させることでアドバンテージを得る」
というコンセプトの構築でしたが、今回は
「登場させるためにアドバンテージを得る」という構築に変更。

具体的には博打要素の強い「パジャマまどか(01-014)」を安定した
アドバンテージエンジンである「ポイントオープンマミ(01-082)」に変更。
相手の「うたた寝」等の妨害の影響を受けず、安定してソースを増やせるようになりました。

また、アドバンテージエンジンと「6コストコンビ」の依存関係が解消されたことと、
回収系のマミを大量に投入したことにより、「6コストコンビ」が場を離れた場合でも、
以前より立て直しやすくなっています。



●カードの解説

PR6コストほむら&まどか(P-011)
現在のまどマギではまともに殴りに行けるカードは現状これくらい。
そのため、ポイントを与えて勝利を目指す場合ほぼ採用必須と言える。

このデッキの場合、序盤に強引に出してもアドバンテージを
稼げるわけでは無いので、きちんとソースを確保してから
登場させるようにしたい。


サポート神まどか(02-005)
パンプ効果はややオーバーキル気味であるものの、油断のならない相手も多く
コイツがいるといないのでは安心感がまるで違う。
マジカルなんとかさん的な胡散臭さ。

単純にアドバンテージカードとしても優秀であり、
「ポイントオープンマミ」の存在により登場時のコストも確保しやすい。
ポイントにある「SR水着まどか」の効果も再利用できる。

1枚しか採用しない理由は簡単。「1枚しか使わない」から。


コピーほむら(02-008)
サブパンチャー。6コストコンビをコピーして2面で4パン。
枚数が1枚になっているがこのデッキの場合、攻撃開始のタイミング自体が
遅めであり、そこに間に合うならば特に問題は無い。

DP60はイベント1枚であっさり落とされるので過信は禁物。


水着ほむら(01-034)
コピー用。さっさと捨てるように。
コストとして使った際の効果で、「仁美」や「サーチメガほむ」とのコンボもできる。

「コピーほむら」が登場したターンから仕事できる。


STまどか(01-004)
相手の無限ループ回避用。まどかと言う作品が持つ優位の1つ。
捨て札回収ギミックがない相手などほぼ存在しない故、ほぼどんな相手にも有効。


水着マミ&まどか(P-004)
名前が強い。「ポイントオープンマミ」や「6コストコンビ」のコストとして。 
登場時の効果も無条件4枚サーチなので、デッキの安定にも貢献できる
優秀なカード。


プロモマミ(P-009) 
マミ中心のデッキの場合、「ブレイクほむら」よりもこちらか。
戦力としても優秀な汎用性の高いパワーカード。


ブレイクほむら(01-025) 
ブレイク成功時に得られるアドバンテージは、ゆるゆりの「サポート結衣」と変わらない。
そう考えるとまどかという作品自体、アドバンテージ面ではかなり優遇されていることが
わかる。


自由登場ほむら(02-010)
「夏色キセキ」等の馬鹿パワーに関しては、もはやこいつでもどうしようもないため、
防御に関しては素直に「うたた寝」をループさせる方向にシフトする方が無難。
しかし、「ちなあかコンビ」等、痒い所に手が届くカードでもあるので
1枚もないと、なんだかんだで不安。


独楽さやか(01-010)
「仁美」のドローを確実なものにするために。
「デッキデスルーターほむら」との相性も抜群。

「バウンスほむら(01-023)」等に対する避雷針としても。


SR水着まどか(01-033)
「6コストコンビ」の使用型テキストのコストとして使うコンバットトリック。
まどかのコストとして使用したことになるので、キャラクター1枚に+10/+10修正をつけられる。

「独りで挑む戦い」と比較した場合、相手ターンでは使えない点で劣るが、
そもそも「6コストコンビ」も「コピーほむら」も妨害に使う様なカードでは
ないため、有効とは言い難い。
基本的にはアンタップと強化を同時に行えるこのカードの方が優秀。

キャラクターカードなのでポイント置き場にある場合、
「ポイント入れ替えマミ」で再利用することも可能。

また、戦闘員としても2コストとは到底思えない破格のスペックで、腐る場面が無い。

流石スーパーレア。


鹿目 詢子(01-075)
基本的にドロー効果を6コストコンビに付与する。
一応、「水着まどか(コンビ)」も効果の対象にできるので、
このデッキの場合は「ソウルジェム」より有効な場面が多い。
キャラクターなので回収も容易。

「バウンスほむら(01-023)」等に対する避雷針としても。


自由登場マミ(01-079)
「仁美」と「メガほむ」がいれば、相手ターンでも使える実質0コストのチャンパー。
DPをあげるコンバットトリックとしても使え、相手ターンに登場させれば
擬似アクティブとしても使える汎用性の高いカード。


捨て札2枚回収マミ(01-080)
「ケーキビュッフェ」と合わせて永久循環。
「集う場所」等のアドバンテージカードを再利用できるだけでも強い。
このマミの枚数が増えたことで「うたた寝」2枚を回収対象として選びやすくなり、
終盤の防御力はさらに高まった。


ポイント入れ替えマミ(01-084)
このカードがいれば、1枚ざしのキャラクターカードがポイントに落ちた場合でも安心。
自身は実質0コストのチャンパーであり、「ポイントオープンマミ」の補助もできる。
マミは優秀な効果を持つカードが多い上、基本的に「制服」の特徴を持っているため、
「仁美」とは大変相性が良い。


サーチメガほむ(01-043)
チャンパーとして、ほむら2ソースとして、1ソースの消費先として。
なにより「仁美」、「独楽さやか」、「メガほむ」等のキーカードを
全てサーチできる点が偉い。


SPサポートほむら(02-009)
サーチカードでありながら、「集う場所」で引っ掛けられる点が優秀。
範囲的にも「歴史の真実」に劣らず、そのままデッキトップにカードを戻すため
「仁美」との相性も良い。
デッキデス効果は微々たるものだが、泥仕合ではかなり有効に働くうえ、
まどかミラーなどでは相手のブレイクを完封できるようになるため侮れない。


デッキデスルーターほむら(02-011)
「独楽さやか」と組み合わせるとデッキの上3枚の内、好きなカードを
手札に加えられるようになる。

ちなみにルーター能力と言うのは「カードを引き、同数のカードを捨てる」と
言う効果の俗称。


志筑 仁美(01-074)



デモコンキュゥべえ(01-046)
本当の神は どちらかな! (照美くん風に)


メガほむ(01-028)
変則的なドロソとして、毎ターン登場できるキャラクターとして、
デッキトップにブレイクや制服を仕込むカードとして。


2ドローキュゥべえ(01-047)
追加のドロソ。毎ターン場にいなくてもジリ貧になったりはしないので
1枚のみの採用。
自らデッキに戻るので、再利用も比較的容易。


ポイントオープンマミ(01-082)
能力を起動できれば、1コストで2ドローしてるのと変わらない。
これと「仁美」で毎ターン追加で2枚分のアドバンテージがあれば、
仮に毎ターン「6コストコンビ」をプレイしても手札が減らない。
他作品にこれ以上のカードが山ほど登場しているため感覚が鈍っているが、
十分危険なカード。
 


彼女らの見つめる先は歴史の真実
どちらも強力なサーチカード。
性能は一長一短なので好みで選んで構わないが、「歴史の真実」は連打しにくく、
同時に複数枚手札に来ると動きずらい。

「6コストコンビ」を序盤に引く必要が無くなったこともあり、
モブキャラやイベントカードをサーチできない「魔法少女への憧れ」は不採用。


彼女らが集う場所
説明不要の基本アドバンテージカード。
「独楽さやか」でトップを確認してから打つと安心。


ひかりふる
2ソースになりアドバンテージが取れるようになり、回収対象が無制限になり
キャラクターじゃなくなった「鹿目タツヤ」。
サポートエリアに6体近いキャラが並ぶこのデッキなら使用条件を満たすことは
難しくない。
ポイントエリアに裏向きのキャラクターがいないとアドバンテージが取れず
完全に腐ってしまうカードなので、序盤に引きすぎないようにしっかりと
枚数を考えて投入したい。


私の大切な家族
「自由登場ほむら」では対処できない刀語の「鑢 七花&とがめ(P-005)」や
ミラーマッチの「6コストコンビ」を葬れる。伝家の宝刀。


うたた寝
「捨て札2枚回収マミ」で永遠と使いまわす。
デッキが少ないほど引き込みやすくなるため、「デモコンキュゥべえ」で
デッキを削ることがメリットになりうる。

亜種として「少女の追想」があるが、追想は最近流行のけいおん(天然)に刺さるので、
メタによって使い分けたい。


ケーキビュッフェ 
能動的にデッキを削りまくるデッキなので、これが無いと確実にデッキ切れで自滅する。
これか「捨て札2枚回収マミ」のどちらかがあればデッキ切れは防げるので、
誤って全部捨てないよう、枚数は常に気にかけておきたい。



今まで自分が紹介した「明美ほむら&鹿目まどか(P-011)デッキ」の中では
一番安定していて、一番強いです。
新しいカードが出た当時は色々なカードとの組み合わせを試してみましたが、
結局は一番使い慣れた「マミ&制服軸」に回帰するという…(笑)


ちなみにイナイレのキャラクターは、吹雪くんと音無さんが好きです。

スポンサーサイト

テーマ : プレシャスメモリーズ
ジャンル : ゲーム

tag : プレシャスメモリーズ 魔法少女まどか☆マギカ シングル 明美ほむら&鹿目まどか(P-011) デッキ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fuby

Author:fuby
出身地 : 神奈川県
自己紹介 :
自然を愛する自由人。
趣味はTVゲームやTCG。

ゲームはポケモン、モンハン。
TCGはMTGとプレメモをプレイしています。

最近は艦これにハマり中…

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。