スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イーブイカップ 考察

12月に開催されるイーブイカップ考察です。



イーブイカップの特徴

●使用可能ポケモンがイーブイとその進化形のみ(8種類)
 
特定のタイプのポケモン(ワザ)が存在しない。そのため、普段とは異なる目線での
評価が必要。

例1:多いと嘆かれる「こおり」タイプの弱点も、今回は実質「ほのお」1タイプのみ。
例2:7つのタイプに半減される「くさ」タイプの攻撃も、今回は半減できるのは2匹のみ。


●ローテーションバトル
 
手持ち4匹を選択。最初の3匹はフィールドに登場し、残り1匹は控えになる。
戦闘では、フィールドに出た3匹の内1匹の技を選択。そのターンは選択されたポケモンが
前衛となりワザを放ち、相手のワザを受ける。そんな感じのバトル。
 
ローテーションにより後衛に下がった場合でも、能力変化は引き継がれるので積み技が強力。
また「ひかりのかべ」や「トリックルーム」等も、テンポロスなしで後続に引き継げる点にも注目。


 
個別ポケモン考察



物理アタッカー

●イーブイ

おそらく最強のトリルアタッカ-。
ノーマルワザはすべての相手に等倍で入るので安定感は抜群。
「のろい→とっておき」が単純かつ強力。

しんかのきせきは持たせた場合でも耐久型として運用するのは不可能だが、
確定数をずらす程度には使える。

持ち物が「しんかのきせき」の場合、調整すれば補正無サンダースの10万ボルト程度なら確定3。
「シルクのスカーフ」の場合、「1積みとっておき」でHシャワーズ確定1。


●ブースター

「ニトロ→どくどくだまでこんじょう発動→からげんき」の流れが強い。
「こんじょうからげんき」はHグレイシアより下は確定1なので非常に受けずらい。
イーブイやリーフィアは「積+素早さ補助」で2ターン必要なのに対し、こちらは
ニトロ1ターンで無双体制に入れる。
リーフィアを強く意識するのならば、タスキを持たせた特殊型もあり。


●ブラッキー

のろい型が単純かつ強力で、下手するとこれ1体に手も足も出ない状況になりかねない。
高耐久により、どんな状況でも1回は行動できることも魅力で、ブースターやリーフィア
に対しても1発耐えてから反撃のチャンスをつくれる。


●リーフィア

「つるぎのまい+にほんばれ(ようりょくそ)」の高速アタッカー型が流行りそうな予感。
「A特化+剣舞+いのちのたま+リーフブレード」で無振りブースター確定1(笑)
また、高めの物理耐久とリーフブレードの「急所にあたりやすい」という特性により、
「のろいブラッキー」に対してもやや有利か。



特殊アタッカー兼、補助


●シャワーズ

「ねがいごと」によるサポートと、高めの耐久が魅力。
ブースターキラーであり、雨による補正があればブラッキーを押せなくもない。
しかし、サンダースとリーフィアの2体から一致で弱点をつかれる点や、
「ねがいごと」以外の補助技が弱い点が辛い。

高耐久であるため調整によっては、弱点をつかれても1発は耐えることが可能なので、
どう行動するかをきちんと考えた上で運用してやりたい。


●サンダース

最速のブイズ。その速度を活かした縛り性能と補助でうまく立ち回りたい。
特筆すべきは速度的に絶対に妨害されない「ひかりのかべ」。
これにより後続が非常に動きやすくなり、ブラッキーやリーフィアが安全に積めるようになる。
攻撃面でも電気を半減以下にできるのは自身とリーフィアのみなので、
終盤であれば速度を活かした全抜きも不可能ではない。

素早さはエーフィ抜きまで下げるよりも、スカーフ最速65族(ニトロブースター)を
上から叩ける程度(実数値193)は欲しいか。


●エーフィ

特性マジックミラーが凶悪。コイツの存在により、本来ルール的に強力な
「あくび」や、耐久潰しの「どくどく」、「うそなき」を採用しにくくなる。

注目すべきワザは「トリック」、「リフレクター」。

「こだわりトリック」は基本的に交代しないローテーションバトルでは非常に強力で、
上手くいけば無償で相手1体を機能停止にできる。
イーブイカップは補助技から入る様な構成が多いと予想しており、そのような構成の相手に
「こだわりトリック」は劇的に刺さる。
「のろいブラッキー」に対する回答になりえる点もポイント。

「リフレクター」は、ブイズは特殊アタッカーが多いと思われがちだが、
実際に並べてみると抜き性能が高いアタッカーは実は物理の方が多い事がわかる。
そのため、物理ダメージを半減する「リフレクター」は「ひかりのかべ」以上に
重要になると思われる。

「めいそう型」はニトロブースター、葉緑素リーフィア、ブラッキーによって
簡単に潰されるため、あまりお勧めできない。

素早さは最速リーフィア抜き(162)まで落としても構わないが、
こいつの場合はミラーでのシグナルビームの打ち合いも考えられるので、
最速でも良いかもしれない。


●グレイシア

リーフィアに対するストッパーになりうる点と、
ミラーコートの存在により特殊攻撃を牽制できる点は評価できる。

コイツがいると特殊アタッカーは素直に殴りづらくなり、
補助技を誘発しやすくなる。
また、物理アタッカーは基本的に積んでから攻撃に移る、
という点を考慮すると、補助技を縛れる「トリックエーフィ」との
相性が良い。

一応、「あまえる」や「バリアー」で物理に対しても強くなれるので、
「めいそうエーフィ」を除く全ての相手に対して勝てる可能性がある。
しかし、かなりシビアな読みを要求されるため、コンスタントに
勝ちに行きたい場合はあまり向かないかもしれない。

メインウェポンは自身を含む3体に半減されるという使いにくさが目立つが、
「こおり状態」は勝敗を大きく左右するため、ブラッキー等と超持久戦に
なった場合は心強い。




パーティ構築例:晴れトリパ

●イーブイ
性格:ゆうかん とくせい:てきおうりょく もちもの:しんかのきせき
努力値 A、HBD調整
わざ
のろい、とっておき、


●ブースター
性格:いじっぱり とくせい:こんじょう もちもの:どくどくだま
努力値 A、S
わざ
ニトロチャージ、からげんき、オーバーヒート、ばかぢから


●サンダース
性格:おくびょう とくせい:ちくでん もちもの:ひかりねんど
努力値 H、S
わざ
ひかりのかべ、にほんばれ、10まんボルト、シグナルビーム


●エーフィ
性格:ひかえめ とくせい:マジックミラー もちもの:こだわりスカーフ
努力値 H、S
わざ
トリック、リフレクター、トリックルーム、サイコキネシス


●ブラッキー
性格:ゆうかん とくせい:シンクロ もちもの:たべのこし
努力値 H、A
わざ
のろい、しっぺがえし、にほんばれ、つきのひかり


●リーフィア
性格:いじっぱり とくせい:ようりょくそ もちもの:きあいのタスキor火力強化アイテム
努力値 A、S
わざ
つるぎのまい、リーフブレード、シザークロス、みがわり
or
つるぎのまい、とっておき



エーフィのトリックは基本的に誰に当てても強い。
2枚壁で積みをサポートしつつ、にほんばれやトリックルームで
素早さを補助して全抜きを狙う。
状態異常が気になる場合は、ブラッキーをねむカゴにしたり、
サンダースにいやしのすずを覚えさせてもよい。



イーブイカップは序盤の壁張るか積むか素直に殴るかの読み合いで
勝敗が決まることが多そうなので、案外だらだらとした試合は少なそう?
スポンサーサイト

テーマ : ポケットモンスターブラック2・ホワイト2
ジャンル : ゲーム

tag : ポケモンBW2 イーブイカップ 考察

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fuby

Author:fuby
出身地 : 神奈川県
自己紹介 :
自然を愛する自由人。
趣味はTVゲームやTCG。

ゲームはポケモン、モンハン。
TCGはMTGとプレメモをプレイしています。

最近は艦これにハマり中…

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。