スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イーブイカップ!

PGLにて、イーブイとその進化形のみが参加可能なWi-Fi大会、
イーブイカップ」が開催されると言う告知がありました。

期間は12月7日~9日の3日間で、対戦形式は「ローテーションバトル」。
ローテーションの大会は今回が初でしょうか。


しかし、当然気になるのは対戦形式よりも、使用可能ポケモンが極端に少ない点。
使用可能ポケモンは
「イーブイ」「ブースター」「シャワーズ」「サンダース」
「エーフィ」「ブラッキー」「グレイシア」「リーフィア」
の8種類のみ。

MTGは「限定戦が一番楽しい」と思っているような人間ですので、
今回のように限定された環境での対戦は、かなり楽しみです。


少々話は変わりますが、私がMTGを再開して間もない頃にリミテッドで遊んだ際に、
他のエキスパンションに存在するカードの「完全劣化版」にあたるカードが
パックから出てきたのですが(灰色熊と灰毛皮の熊、的な)その時は
単純に「完全劣化版=弱い」と思っていたため、採用を見送り大敗しました。

当たり前の話ですが、限定戦は限られた選択肢の中で最高のデッキをつくることが目標であり、
自分が持ってない物と比較して、弱いから不採用。と言う考え方は不適切。


それはポケモンにおいても同様。
以前、第4世代に存在したバトルフロンティアの「バトルファクトリー」で遊んでいた際に、
最初の6体の内、水ポケモンが「ハンテール」のみ、と言う状況がありました。

当時のハンテールは上位互換がいくつも存在するような「残念ポケモン」の印象が強く、
ネタ以外では使おうとも思いませんでした。
しかし、その他の5体との組み合わせを考えると水タイプがどうしても必要だったため、
あらゆる水ポケモンの劣化であってもハンテールを採用することにしました。

結果的にハンテールは「水ポケモン」としての役割をしっかり果たし、何とか7連勝
して次に繋ぐことができました。


つまり何が言いたいのかと言うと、本当に限られた選択肢の中で勝利を目指す場合、
劣化も糞もないんですね。
与えられた選択肢の中から最良の組み合わせを選んで戦うしかない。これぞ人生。
…と、スヌーピーもギーマも言っていました(`・ω・´)


イーブイカップ」の場合、普段不遇と言われる「ブースター」、「リーフィア」も
「ウインディ」や「モジャンボ」の劣化だからと言って不採用にする理由はありません。
なにせ、「ウインディ」も「モジャンボ」もいないんですから(笑)


今回は完全に兄弟同士の実力勝負。
メタも兄弟同士の相性が主になると思われます。
そのため、今のところはイーブイを含め全員にチャンスがあると思っています。


なんだか久しぶりに本気だしたくなりますな^q^

スポンサーサイト

テーマ : ポケットモンスターブラック2・ホワイト2
ジャンル : ゲーム

tag : ポケモンBW2 イーブイカップ リミテッド

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fuby

Author:fuby
出身地 : 神奈川県
自己紹介 :
自然を愛する自由人。
趣味はTVゲームやTCG。

ゲームはポケモン、モンハン。
TCGはMTGとプレメモをプレイしています。

最近は艦これにハマり中…

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。