スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MTG】 プレリリース ラヴニカへの回帰

アメニティドリーム横浜店で行われたMTG「ラヴニカへの回帰(RTR)」のプレリリースに参加しました。

今回のプレリは5種類のギルドの「ギルド・プレリリース・パック」
(ギルド・ブースターパック×1+通常のRTRのブースターパック×5)
というセットの中から1つを選んでシールド戦を行いました。

「ギルド・ブースターパック」はRTRで登場する5つのギルドの内、
1つのギルドのカードが多く収録された特別なパック。
また、そのうち1枚はギルド限定プロモカードとなっており、さらに今回は
そのプロモカードをデッキに組み込むことが認められています。

それ故、最初から自分が選んだギルドのカードはある程度確保された状態であり、
通常の6パックで行うシールド戦と比べると、自分が選んだギルドの特徴を活かした
デッキの構築がしやすくなっています。


追記にて私の作ったデッキを紹介します。
ちなみに私は「イゼット(青赤)」を選びました。


***********************************
デッキ:40枚

土地:17枚

島×8
山×7
イゼットのギルド門×1
ならず者の道×1 
 

クリーチャー:13枚

秘密を盗む者×1
ルーン翼×1

ヴィーアシーノのゆすり屋×1
高射砲手×1
どぶ潜み×1

審判官の使い魔×1
膨れコイルの奇魔×1
ニヴメイガスの精霊×1
ゴブリンの電術師×1
凍結燃焼の奇魔×1
イゼットの制静電術師×1
超音速のドラゴン×1
竜英傑、二ヴ=ミゼット×1


その他:10枚

ミジウムの外皮×1
圧縮×1
中略×1
霊感×2

滅殺の火×2
火炎収斂×1

本質の反発×2
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余り



叫び回る亡霊
太陽塔のグリフィン
矢来の巨人

天上の鎧
拘引
報復の矢×2
天空の目×2
騎士の勇気×2
安全の領域



門衛
塔のドレイク
水馬
ルーン翼

払拭×2
妖術による金




群れネズミ
酒場の詐取師
下水のシャンブラー
死の歓楽者
危険な影
地下墓地のナメクジ
テーラスのワーム

逸脱者の歓び
刺し傷×2
打ち上げ




ふいごトカゲ
長屋壊し

汚損破
馬力充電
飛行術の探求×2
瓦礫の調査
ゴブリンの結集




ケンタウルスの伝令
蠢く甲虫
樫の木通りの亭主
ゴスロダの監視者
斧折りの雄鹿

ドルイドの講話
空中捕食


その他

リーヴの空騎士
軽騎兵の巡視部隊
ゴルガリの長脚×2

隔離する成長
勇士の再会
貴重な発見
薬術師の計略×2
共有の絆
狩猟者の協定
刈り取りの儀式

セレズニアのギルド門
アゾリウスのギルド門
ラクドスのギルド門
草むした墓
***********************************

ギルドブースターパックから「竜英傑、二ヴ=ミゼット」を引くことができ、
プロモカードの「超音速のドラゴン」と合わせて2体のフィニッシャーを有する
青赤デッキを組むことができました。

除去を追加できるため「タッチ白」も考えましたが、試運転で上手く回せなかったため、
結局普通の青赤に。


1戦目:ラクドス

こちらの1マナの奇魔2種による謎ビートにより、何故か防戦を強いられる相手ラクドス。
「ニヴメイガスの精霊」と「穴開け三昧」の友情コンボが決まる等、相手の
プレイングがやや甘かったこともあり、2-0で快勝。


2戦目:セレズニア

セレズニアとは名ばかりの真っ黒デッキ。ほぼゴルガリ+ラクドス。
相手はややゆったりとしたデッキであったため、1セット目は奇魔によるビートダウンで
1桁までライフを減らし、最後は「高射砲手」で残り数点を削って勝利。
2セット目は「護民官のサーベル」+「ゴルガリの長脚」に苦しめられるも、
どうにか土地が7枚揃うまで粘り「二ヴ=ミゼット」をプレイ。
返しのターンに「見えざる者、ヴラスカ 」が登場し、[-3]能力でミゼットが
破壊されそうになるも、残りの1マナで「ミジウムの外皮」をプレイしてこれを回避。
その後はミゼットゲー。辛くも2-0で勝利。


3戦目:ラクドス

マナカーブも美しくかなり出来上がったラクドスデッキ。
1セット目はほぼ何もできずに速攻で押し切られる形に。
サイドボード変更後の2セット目も、中盤までは何とか粘るも、ブロッカーを用意するために
マナをつかってしまい、カウンター用のマナを残すことが出来なくなったところに
「冒涜の悪魔」、「謝肉祭の地獄馬 」が立て続けに登場して終了。
結果0-2で惨敗。
負けなし2連勝でやや調子に乗っていた節があり、1セット目の敗北で動揺していたのか、
サイドボード時にブロッカーを減らすという謎変更。
冷静になってから考えると、「ふいごトカゲ」や「門衛」などのブロッカーを追加し、
「薬術師の計略」などで序盤をしのげるようにしていれば勝てるチャンスは十分に
あっただろうと思います。


最終的な戦績は2勝1敗。
一応1敗枠と言うことで賞品を貰うことはできましたが、最後の敗北が非常に悔しかったです。



次回こそ、めざせ3連勝!

スポンサーサイト

テーマ : Magic:The Gathering
ジャンル : ゲーム

tag : MTG RTR シールド戦 プレリリース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fuby

Author:fuby
出身地 : 神奈川県
自己紹介 :
自然を愛する自由人。
趣味はTVゲームやTCG。

ゲームはポケモン、モンハン。
TCGはMTGとプレメモをプレイしています。

最近は艦これにハマり中…

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。