スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレメモ 最後の店舗予選と「魔法少女まどか☆マギカ」PRカード

7月から行われていた「プレシャスメモリーズ全国大会店舗予選」も終了。

権利獲得したプレイヤーの皆様も、後一歩で権利を逃してしまったプレイヤーの皆様も
お疲れ様でした。
残念ながら私は後者ですが、久しぶりにPMについて考察し、最近の作品に触れ、
まどかユーザーと友達になり、いろいろ楽しかったです。


本日は私が参加した最後の店舗予選と、巷で話題の「魔法少女まどか☆マギカ」の
PRカードについて語っていきたいと思います。



はじめに店舗大会について。

店舗予選シングル大会(スイスドロー形式)

使用デッキ:マミほむデッキデス


●1日目  参加者10人

1回戦目:まよチキ! ○

5コストキャラを並べて盤面を制圧する一般的と思われるタイプ。
序盤、相手の場に「5コスト奏」、「5コストマサムネ」が揃うも、こちらは「ワルプルギスの夜」で
それらをバウンス。
展開がスローになっている間に、こちらは「仁美」、「独楽さやか」、「メガほむ」を揃えて場を構築。
「5コストさやか」が登場すると相手も殴りづらいようで、しばらく盤面が動かなくなる。

その後は「執事券」に対し「うたた寝」をプレイすることで連続パンチを回避しつつ、
新規投入した「ほむQ」と「プロモほむら」でデッキを削ってゆく。

最後は空気を読んだ相手が投了。



2回戦目:ゆるゆり  ×

後攻1ターン目に登場した「STあかり」と「京子&結衣コンビ」を対処できず、アドバンテージ差で負け。
自分のデッキを「VS路地裏」方向に調整していた事が仇となった感じでした。

「ワルプル撃てるかも?」と思い「5コストマミ」をサポートエリアに出した返しに「SR京子」が
登場したりといろいろ悲惨でした。
序盤に「京子&結衣コンビ」に対して「自由登場ほむら」をプレイできていれば運命は変わっていた
かもしれません。残念。



3回戦目:Aチャンネル ○

1ターン目にメインエリアにキャラを5体並べられるも、「自由登場マミ」で2:1交換が
狙えるサイズであるため、落ち着いて対処すれば無問題。
さらに「SRるん」、「ユー子」が並んだ際に「ワルプルギスの夜」をプレイ。
手札が無いため展開ができない相手を尻目に、こちらは「仁美」で盤面を構築して行く。

相手がDP50の「5コストマミ」、「プロモマミ」を突破できずに足踏みしている間に
「ほむQ」を登場させデッキデス開始。
相手はDP50を突破できるコンバットトリック「熱唱」を待ち続けるも、「SRユー子」の
デッキ回復で分母を増やしているためか、一向に「熱唱」をトップ出来ない。

そうこうしている間に「ほむQ」で「熱唱」を2連発で落として勝負アリ。



結果 2勝1敗


と、いうわけで残念ながら「まどか」で権利を獲得することはできませんでした。

自分なりに頑張って最近の作品とも戦えるようなデッキを組んだつもりでしたが、
最終的に結果が出なかったことは本当に悔しいです。

最後に、
いるかいないかわかりませんが、応援してくださった皆様、ありがとうございました。
先生の次回作に(ry




続いて、ケロケロエース11月号に付いてくる「魔法少女まどか☆マギカ」の特製PRカードについて。




明美 ほむら&鹿目 まどか(P-011) 使用コスト6/発生コスト1/AP50/DP50
[魔法少女]


PM史上初の6コストのコンビカード。
自分のターンの間、+20/+20を得る常駐型テキストと、「アプローチ/自分」で1コスト支払うことで
活動状態になるとともに、もう1回アプローチに参加できる。という使用型テキストを持つ。



公式曰く、「イラスト、テキストともに非常に強力なカード」。
非常に強力なイラストという事であれば「鹿目 まどか(P003)」も負けてない(笑)

・・・という冗談はさておき、真面目な考察。
「6コストのコンビ」ということでかなり派手な効果。
自分のターン中、常に+20/+20の状態であるため、実質70/70のアタッカーであり、
使用型テキストにより単体で2回アプローチできるという非常に強力なカード。

「ほむら」であるため、「コピーほむら」によって能力をコピーすることも可能。
「コピーほむら」とこれが両方場にいれば、それだけで7回アプローチできる可能性すらある。
このカードの登場により「ローソンプロモメガほむ」の利用価値がほぼなくなってしまった。

「まどか」である点も優秀で、真っ先に思いつくのは「SRキュゥべえ」と
「便乗まどか」を利用したコストの踏み倒し。
また、まどか母でアプローチでポイントが通った際にドローを付与する事も可能で、
高いAPDPと2回アプローチできるという点を踏まえると、効果を成功させやすい。


同じ6コストのキャラクターカードである「神まどか」とは違い、コスト軽減効果はなく、
ほぼ無条件で相手を除外するような効果もない。
そのかわりに、APDPは自分のターン中は作品内で最大の70/70と、単純に
数字で勝負しても勝てるようなデザインになっており、そこいらの作品相手には
「神まどか」以上の驚異になりえる。

しかし、DP70はシングル環境で人気のCP「路地裏同名」の「不死身シオン+さつきパンプ」の
射程圏内であり、「サポート神まどか」の強化も「マジカルアンバー」の数値変更の前では無力。

そのため、このカードの登場でまどマギが勝てるようになるかと言われると、
微妙な気もする。



そんな感じの考察でした。
間違いなく強化はされているのですが、整備されていない環境ではこれ1枚では勝てないだろう、
というのが現状ですかね。

SP2でのさらなる強化に期待!
スポンサーサイト

テーマ : プレシャスメモリーズ
ジャンル : ゲーム

tag : プレシャスメモリーズ 魔法少女まどか☆マギカ シングル 全国大会店舗予選

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fuby

Author:fuby
出身地 : 神奈川県
自己紹介 :
自然を愛する自由人。
趣味はTVゲームやTCG。

ゲームはポケモン、モンハン。
TCGはMTGとプレメモをプレイしています。

最近は艦これにハマり中…

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。