スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレシャスメモリーズ まどか☆マギカ ローソンPRカード 考察

2/21(火)より全国ローソンキャンペーン実施店舗にて
限定「プレシャスメモリーズ魔法少女まどか☆マギカ」PRカード2種付きWONDA6缶パック
が発売されるそうです。 詳細はこちら

全10種類で、効果はどれも魅力的な物ばかり。
是非とも全種類集めたいところですが、金銭面や体裁的に辛いというのが現実。
ちなみに、真面目に4枚ずつ集めようとした場合は

「WONDA6缶パック」≒700円 × 5セット × 4枚 =14000円 (120缶

そんなに飲めるかっていう・・・

現実的な話はさておき、今回は公開されている10種類のカードを考察しつつ、
個人的に欲しいと思うカード(セット)の順位を発表します^ω^



それでは、公式ページで紹介されている順に考察していきます。



鹿目 まどか&キュウべぇ(L-001) 使用コスト1/発生コスト2/AP20/DP30
[制服][インキュベーター]


登場時にデッキの上から5枚のカードを見て、その中にある「ほむら」を1枚で札に加える効果を持つ。

サーチに成功すれば実質0コスト。APDPも普通にあるため、まどほむデッキならば
考えなしに採用したくなる。
しかし、コンビであるため「まどか」か「キュウべぇ」をコストにしなければプレイすることが
できない。しかし、「まどか」や「キュウべぇ」を多く採用してしまうと、結果的に「ほむら」の
枚数が減りサーチに失敗しやすくなるというジレンマに陥る。

まあ、まどほむ自体のコンビが多いのであまり関係かもしれない。

「SRキュウべぇ」でこのカードを餌にして「暁美 ほむら&キュゥべえ(031)」を出すと変な気分になる。



明美 ほむら(L-002) 使用コスト1/発生コスト1/AP20/DP20
[制服]


自分の場に「まどか」がいる場合、+20/+20を得る。

こちらもまどほむデッキなら基本的に40/40のキャラとして扱えるだろう。
使用コスト1なので相打ち上等。コンバットトリックを使われても最悪で1:2交換にしかならず、
常駐型テキストを持つためステータス変更系の効果にもある程度耐性がある。

しかし、発生コストが1であるため、採用枚数を考えないと手札事故が起きる可能性が高くなる。



巴 マミ(L-003) 使用コスト3/発生コスト2/AP20/DP40
[制服]


相手のメインフェイズにも登場できる効果と、登場時に自分の「魔法少女まどか★マギカ」の
キャラを2枚まで活動状態にできる効果を持つ。

自由登場というだけでも貴重であり、さらに登場時に自分のキャラを2枚までアンタップできるため、
相手のメインフェイズに登場させれば、実質的に妨害用のキャラが3枚増えることになる。
しかし、最近はアプローチするだけでアドバンテージが取れるキャラや、3桁近くのパワーで殴ってくる
キャラ、天然3以上を持つキャラも多い。そのため、妨害するキャラを増やすよりアプローチそのものを
止めなければ意味がない場合も多い。

そういった意味ではあまり時代の波には乗れていないのかもしれない。

もちろんこのカードが弱いわけではないし、このカードでアンタップしたキャラを種に「うたた寝」を
撃っても構わない。
マミデッキならば3コストである点も問題ないだろう。



美樹 さやか&佐倉 杏子(L-004) 使用コスト3/発生コスト2/AP40/DP10
[制服]


登場した場合、このターン次にプレイする「さやか」か「杏子」は「使用コスト-3」を得る。

「コスト軽減まどほむ」の杏さや版。しかし、「杏さや」は「まどほむ」以上に面白い。
具体的に面白いと思う点を幾つか紹介する。

1.水着杏子
 発生コスト3のカードは「まどほむ」には存在しない。
 そのため、最低でも2枚のカード消費する必要があったが、こちらは水着杏子をコストとして
 使用することで1枚の消費で登場させることができる。
 
2.上条恭介
 こちらは「さやか」のコストを1軽減する。
 そのため、発生コスト2の「さやか」をコストに使用すれば1枚の消費で登場できる。

例えば
水着杏子コスト -> 「コスト軽減杏さや」 -> 「ブーンさやか」
上条+ 2コスト -> 「コスト軽減杏さや」 -> 「水着杏子」+効果で「水着さやか」

水着杏子がさやかのコストになり、上条が杏子のコストを軽減しているようである。

3.「美樹 さやか(214)」
 DPが10なので効果で場に出ることができる。スペックはブーンと変わらない。

4.佐倉 杏子(217)
 このカードの存在により容易にサルベージできる。そしてまたコスト軽減をしながら登場する。  

5.制服
 PM初の制服を持つ杏子である。

その他、「軽減まどほむ」の魅力である5コストカードへのアクセスのしやすさも健在。
考えれば考えるほど面白いカードである。



鹿目 まどか(L-006) 使用コスト2/発生コスト2/AP20/DP20
[制服]


このカードが登場した場合、相手はターン終了時までキャラを登場させることができない。

相手の作品によって決定力が変わるが、キャラの登場を封じることにより勝利をより確実なものにできる。
俺妹等が相手なら悶絶するだろう。
「まどマギ」には相手のキャラの登場やイベントカードの使用を禁止するカードがなかったため、
そういった意味でも貴重な1枚。



明美 ほむら(L-007) 使用コスト1/発生コスト2/AP30/DP10
[制服]


登場時に山札の「まどか」を3枚まで除外する効果を持つ。

「暁美 ほむら(007)」を真面目に使いたくなる。
このカード2枚と「まどかのいた証」1枚のみで条件を満たすことが可能である。



巴 マミ(L-008) 使用コスト2/発生コスト2/AP20/DP30
[魔法少女]


アプローチに参加した場合DP+20。

使用コスト2でDP50。強いと思うけれど地味。
「巴 マミ(220)」等で低いAPを補うことができれば、退場しにくい嫌らしいアタッカーになるだろう。



美樹 さやか(L-009) 使用コスト1/発生コスト2/AP30/DP0
[制服]


登場時、捨て札のサポートカード1枚を手札に戻ことができる。

「美樹 さやか(061)」とは似て非なるカード。
基本的には直接アドバンテージを獲得できるこちらの方が使いやすい。
こちらは回収先が手札であるため、実質0コストで登場できる。
しかし、まどマギシングルではサポートカードが「ソウルジェム」のみであるため、
能力を生かしにくい。
どちらかといえばミックスで活躍するカードだろう。



佐倉 杏子(L-0010) 使用コスト3/発生コスト2/AP40/DP10
[--]


登場時にデッキの上から3枚のカードを見て、その中にある「杏子」を好きな枚数手札に加えてよい。

「佐倉 杏子(053)」と比較するとサーチ枚数が減ったため失敗する可能性が上がったが、
複数枚「杏子」が存在する場合は大きなアドバンテージを得ることが可能となった。
杏子デッキでは大変魅力的な1枚。

杏子デッキであってもデッキの上3枚に複数枚の杏子が存在するとは限らないので、「歴史の真実」や
デッキ操作系の「ほむら」等を使ってデッキトップに杏子を積み込みたい。



コーヒーブレイク 使用コスト1/発生コスト2
[!]ブレイク
[メイン/両方]


自分のキャラをX枚休息状態にする。その後、自分のキャラをX枚まで活動状態にする。

まどマギシングルでは「ブレイク」を持つ唯一のカード。※似たような効果を持つキャラは数枚存在する。
「メガほむ」がいるためブレイクは狙いやすい。

サポートエリアのキャラを休息状態にすれば妨害できるキャラを増やすことができる。
また、ブレイクすれば一度妨害に参加したキャラを活動状態にすることで
同じターン中に複数回妨害に参加させることもできる。

ちなみに、ブレイクした場合はコストとして使用できなくなるため、相手のメインに
使用した場合と消費は変わらない。
「SRキュウべぇ」や「便乗まどか」等、効果で場に出るカードを活動状態にしたい場合は
自分のメインに使うこともあるかもしれない。



**********************************************************************


以上が個別の考察でした。
それでは、ここから個人的に欲しいと思うカードの順位を発表します。

上記のカードの中でどんなデッキでも使えそうなカードは

巴 マミ(L-003)
鹿目 まどか(L-006)
巴 マミ(L-008)
美樹 さやか(L-009)
コーヒーブレイク

の5枚。
基本的に特定のデッキでしか使えないカードよりは評価は安定すると思います。
この5枚を使ってみたい順に並べると

まどか」 = 「マミ(L-003)」 ≧ 「コーヒーブレイク」 > 「さやか」 ≧ 「マミ(L-008)


イコールの多さに自分の優柔不断さが伺えますね(笑)
「まどか」はまどマギでは唯一の登場封印であるため貴重かな、と。
「マミさん(L-003)」とコーヒーは若干内容がかぶっている感じ。
「マミさん(L-008)」は準バニラであるためそこまで魅力を感じませんでした。
シングルでは「さやか」も同様。


その他の5枚のカード

鹿目 まどか&キュウべぇ(L-001)
明美 ほむら(L-002)
美樹 さやか&佐倉 杏子(L-004)
明美 ほむら(L-007)
佐倉 杏子(L-0010)

はデッキによっては重要度が激変するカード。

そのため、人によっては大当たり。人によっては大外れ。
上手くトレードして欲しいカードを集めてください・・・

ちなみに今回のプロモカードの影響を受けにくいのはマミさんデッキくらい。
金銭的には勝ち組ですね。

さて、この5枚を欲しい順に並べると

さや杏」 > 「まどQ」 > 「ほむら(L-002)」 > 「ほむら(L-007)」 > 「杏子

すごく主観的です。

「さや杏コンビ」はさや杏デッキなら必須かと思えるくらいの強さ。
というより夢がありすぎて使わずにはいられなくなるカード。

「まどQ」も「ほむら(L-002)」も強いし魅力的であると思います。
しかし、「まどQ」は「サーチメガほむ」と役割が似ている点と、コンビである点が少々残念。
「ほむら(L-002)」は強いけれど準バニラなので面白みが無い。

「ほむら(L-007)」は露骨すぎてデッキ組みたくなりますね(笑)
しかし、それだけ。

「杏子」は杏子デッキなら必須だと思うので、信者は頑張って集めてください。


そして、個人的な総合順位はこちら

1. 美樹 さやか&佐倉 杏子(L-004)
2. 鹿目 まどか&キュウべぇ(L-001)
3. 鹿目 まどか(L-006)
4. 巴 マミ(L-003)
5. 明美 ほむら(L-002)
6. コーヒーブレイク
7. 明美 ほむら(L-007)
8. 佐倉 杏子(L-0010)
9. 美樹 さやか(L-009)
10. 巴 マミ(L-008)

セット内のカードの順位の和を低い順に並べると

1. C
2. D
3. A
4. B、E


となりました。



最後に一言。
期間限定で強力なプロモカードを配布するのは、プレイヤーとしては
楽しくないのでやめて欲しいです。

スポンサーサイト

テーマ : プレシャスメモリーズ
ジャンル : ゲーム

tag : プレシャスメモリーズ 魔法少女まどか☆マギカ ローソンキャンペーン 考察

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ワンダが基本的な190g缶コーヒーだとして、
190ml×120缶=22800ml…
約23㍑

考えただけで胸焼けがしますね

コメントありがとうございます

一部の人に爆発的に売れるので、売上的には大成功でしょうね。

しかし、本当にそれだけなので、プレメモを普及するという意味では
殆ど役に立たないキャンペーンだと思います。

むしろこれはプレメモユーザーにコーヒーを普及するためのキャンペーン
かもしれませんね。

大量に積み重なったコーヒーを見たらうんざりすると思いますが(笑)
プロフィール

fuby

Author:fuby
出身地 : 神奈川県
自己紹介 :
自然を愛する自由人。
趣味はTVゲームやTCG。

ゲームはポケモン、モンハン。
TCGはMTGとプレメモをプレイしています。

最近は艦これにハマり中…

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。