スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレシャスメモリーズ まどか☆マギカSP 考察4

魔法少女まどか☆マギカSP」に登場したカードの考察その4。

今回は緑のカードを考察していきます。


キャラクターカード


巴 マミ(219) 使用コスト5/発生コスト1/AP30/DP50
[魔法少女]


自分のキャラが7枚以上いる場合、自分のポイント置き場にあるまどかマギカの
キャラの発生コストを+1する効果と、このカードがアプローチに参加した場合、
次に使用する「ティロフィナーレ」のコストを-3する効果を持つ。


5コストサイクルの中では唯一、登場時にサポートやドローがない。
しかし、ポイントエリアにあるカードの発生コストを+1する効果と、専用カードの使用コストを
軽減する効果は、それ以上のアドバンテージをもたらしてくれる。

ポイント置き場にあるカードの発生コストを+1する効果は、コスト3、5、6のカードを使用する際の
ソースの消費量を1枚減らすことができる点が魅力。
「制服」等の展開力のあるデッキならば、自分のキャラを7枚以上並べることは難しくないだろう。

「暁美 ほむら(210)」「巴 マミ(082)」「水着マミさん」、2枚目の「ティロフィナーレ」等は
増やしたコストを生かしやすいカード。
2枚の消費で「ワルプルギスの夜」や「女神まどか」をプレイできたら嬉しいかもしれない。

その中でも「巴 マミ(082)」は効果発動の条件を満たしやすくなる点でも相性が良い。


「ティロフィナーレ」の使用コストを軽減する効果も非常に強力で、このカードがアプローチに
参加した場合、「巴 マミ」を妨害で退場させることがほぼ不可能になる。

また、「巴 マミ(220)」の効果により、
「他の休息状態のキャラをバウンスしつつ、妨害に参加したキャラを退場させる」といった
動きも可能。
DP50までのキャラならば退場させることが可能なため、非常に受けにくい。


1つ目の効果だけでもなかなか強力なので「マミさん」デッキでなくとも使用可能だが、
「ティロフィナーレ」とは是非とも一緒に使ってあげたい。



巴 マミ(220) 使用コスト1/発生コスト2
[制服]


登場時に捨て札置き場にある「ティロ・フィナーレ」を手札に戻す効果と、自分が
「ティロ・フィナーレ」を使用したときに相手のキャラ1枚のDPを-20する効果を持つ。


前回の考察こちら

まどかSPでコストを軽減やサーチカードが増えたことにより、
「ティロフィナーレ」を複数回使用することが可能となった。

自身も「ティロフィナーレ」を回収することで実質コスト0だったり、「巴 マミ(219)」の
発生コスト+の条件を満たすための種になれるなどデッキの動きと合致しているため、
マミさんデッキであれば是非とも採用したい。



巴 マミ(221)使用コスト2/発生コスト2/AP20/DP20
[魔法少女]


自身のAP以下のDPを持つキャラに妨害されたときに、そのキャラをバウンスすることができる
効果を持つ。


簡単に説明すると、「このカードを妨害する場合、相打ち以下では退場させることができない」
という効果。

バウンスされた場合、ポイントは入らないが退場判定は行われない。
しかし、このカードは場に残り続けるのに対し、バウンスされた側は
登場時に支払ったコストの分だけ損をすることになる。

上記の「ティロフィナーレ」サポートカードの恩恵を受けられる点も魅力。
能力は強制ではないため、cipを使いまわされるのが嫌な場合は、素直に相打ちを
受け入れてもよいだろう。



巴 マミ(222)使用コスト3/発生コスト2/AP30/DP30
[制服]


登場時に「ティロフィナーレ」をデッキからサーチして手札に加える効果を持つ。


「ティロフィナーレ」はマミさんデッキの核となる重要なカードなのでそれを確実に
持ってくることができるのは嬉しい。

キャラクターデッキ専用のサーチカードに見えるが、「ティロフィナーレ」の
発生コストが2であるため、実は「コスト1 30/30」という、
単体でもなかなか強力なスペックを持ったキャラである。



巴 マミ(223)使用コスト1/発生コスト2/AP10/DP30
[制服]


アプローチに参加した場合、自身のAPを+20する効果を持つ。


そのためアプローチに参加すれば使用コスト1で30/30のキャラに。
確かに強力だが、妨害時も30/30で実質使用コスト1である
「ティロフィナーレサーチ マミさん」を使った方がいいような気もする。



鹿目 まどか(224) 使用コスト2/発生コスト2/AP20/DP30
[--]


[天然2]と自分の捨て札置き場に「パジャマパーティ」がある場合、+10/+10の修正を
受ける効果を持つ。


前回の考察こちら

まどかには「鹿目 まどか(015)」「鹿目 まどか(055)」など天然持ちが複数枚あるので
まどか天然デッキなど組んでみたら面白いかもしれない。

「いつまでも私と一緒だよ」「わたしの、最高の友達」など驚異的な上昇値の
コンバットトリックも増えたため、ファッティの相手もできるかもしれない。

自身も捨て札置き場に「パジャマパーティ」がある状態で「明美 ほむら(026)」の効果を
使用すれば「40/50天然2」である。



イベントカード


ケーキビュッフェ 使用コスト0/発生コスト2
[メイン/両方]


自分のキャラを好きなだけ休息状態にし、休息状態にしたキャラ×4枚までのキャラクターを
捨て札置き場からデッキに戻す。
3枚以上のキャラクターを休息状態にした場合、ターン終了時にカードを1枚引く。

デッキデスに対するメタカード。
大量に戻すにはそれなりに場にカードが揃っている必要があるので、デッキによっては
使いにくいかもしれない。

発生コストが2であり、一応ドロー効果もついている点は嬉しい。


本当に叶えたかったこと 使用コスト0/発生コスト2
<<使用条件>> 「美樹 さやか」
[メイン/両方]


デッキから「上条 恭介」を場に出す。その後、自分の場に「志筑 仁美」がいれば
自分のキャラを全て活動状態にする。


さやかデッキの必須パーツといえる「上条 恭介」をデッキから直接場に出すことができるカード。

上条を登場させるには1枚カードを消費する必要があったが、このカードを使えば
コスト0で上条を場に出すことが可能である。

自分のキャラを全員アンタップする効果も非常に強力。
特に「武器の召喚」や「ドローキュゥベえ」の効果で、このカードをドローできれば
強引なアプローチをした際のリスクも減らせる。
この効果は、デッキから上条を出せなくても、仁美さえいれば発動する。


ネックなのは使用条件を満たすための「美樹 さやか」を用意する必要があることと、
「志筑 仁美」がいなければアンタップする効果が得られないこと。

それでも発生コスト2で、上条としての役割以外に防御用のカードとも使用可能な
汎用性の高いカードであるため、上条を複数枚採用するより、こちらを
採用することをお勧めしたい。



まどかのいた証 使用コスト1/発生コスト2
[メイン/自分]


デッキの中を全て見て、その中にある「鹿目 まどか」を1枚ゲームから取り除いてもよい。
その後、デッキをシャッフルし、カードを2枚引く。


実物はテキストが非常にわかりにくい。
「その場合」は「デッキをシャッフルする」の部分に係っているらしい。
それゆえ、「まどか」など存在しようがしまいが関係なく2ドローできる
まどかとの関係がよくわからないカード。


そんな話はさておき、1コストで2ドローという何とも落ち着いたドローカード。
この様な派手さの無いドローカードはPMでは珍しいかもしれない。

「まどほむ」デッキならば、まどかがゲーム外にある場合に強力になるカードの
条件を確実に満たすことができるようになるため、ドローカードの中でも
優先度はかなり高くなるだろう。




以上がまどかマギカSP、緑のカードの考察でした。

注目は「ティロフィナーレ」のサポート能力を持ったマミさん達。

そのためかマミさんデッキの人気が急上昇しているらしく、シングルカードで
「ティロフィナーレ」が完売している店もあるようです。

イベントカードも優秀なものが揃っており、「まどほむ」や「美樹さやか」等の
キャラクターデッキを組む場合には必須になりそうですね。



これで「まどかマギカSP」に登場するカードの考察は一通り終わりました。

実際にはまだ使ったこともないカードが沢山あるので、時間とともに
考え方も変わると思いますが、今思っていることをだらだらと
書き連ねてみました。


意見や感想などがありましたら、コメントしていただければ幸いです。


それではまた。
スポンサーサイト

テーマ : プレシャスメモリーズ
ジャンル : ゲーム

tag : プレシャスメモリーズ 魔法少女まどか☆マギカ SP シングル 考察

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めまして。
私もプレメモはまどマギから始めた口でして
こういったレビューは注目していなかったカード、
使っていたけどそこまで考えつかなかったことなど
色々と参考になります。
レビューお疲れ様でした。

No title

こちらこそ初めまして。
訪問&コメントありがとうございます。

私もまどマギが好きだったのでプレメモを始めました。
まどマギのカードは難しいものが多いですが、
決して弱くはないと思っているので、どうにか勝てるように頑張りたいです。

私の考察はつたない部分が多いですが、
何か新しい発見があれば幸いです。

プロフィール

fuby

Author:fuby
出身地 : 神奈川県
自己紹介 :
自然を愛する自由人。
趣味はTVゲームやTCG。

ゲームはポケモン、モンハン。
TCGはMTGとプレメモをプレイしています。

最近は艦これにハマり中…

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。