スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレシャスメモリーズ まどか☆マギカ 考察3

今までの記事

プレシャスメモリーズ まどか☆マギカ 考察0
プレシャスメモリーズ まどか☆マギカ 考察1
プレシャスメモリーズ まどか☆マギカ 考察2

今回はプレシャスメモリーズ「魔法少女まどか☆マギカ」に登場するイベントカードと
サポートカードを用途別に考察したいと思います。


ドロー系

彼女らの見つめる先は 使用コスト0/発生コスト1
[メイン/自分]


デッキの上から5枚見て好きなカードを手札に加える。残りは好きな順番でデッキの下へ。
説明不要の単純かつ強力なドローカード。


歴史の真実 使用コスト0/発生コスト1
[メイン/自分]


こちらはデッキの下から4枚のカードを見て、好きな枚数のカードを抜き出してデッキトップへ。
その後1ドロー、という少々面倒な効果。ちなみに、抜き出す際、順番を変えてはならない

「彼女らの見つめる先は」に比べるとこちらは連続で使用しにくい点、見ることができる枚数が
4枚である点で劣っている。しかし、デッキトップを操作することは「歴史の真実」にしか
できないので、それを踏まえたコンボデッキなどならばこちらの方が優秀だろう。

下の「魔法少女への憧れ」等のデッキシャッフルを利用すれば連続で使用しにくいという
デメリットを緩和できる。


魔法少女への憧れ 使用コスト0/発生コスト2
[メイン/自分]


手札から「魔法少女まどか☆マギカ」のキャラを1枚公開し、デッキの上10枚の中から
同じ名前を持つカードを1枚手札に加える。
殆どのカードは残りをデッキボトムにカードを送るのに対し、このカードは
デッキ全体をシャッフルする。間違えないように注意。

10枚も見れば同名のカードが見つかる可能性は高い。「コンビ」カードを公開すれば
不発に終わることはまずないだろう。
発生コストが2であるため、そのままコストに使うこともできる。


彼女らが集う場所 使用コスト0/発生コスト1
[メイン/自分]


デッキの上から7枚のカードを見て同名のキャラクターカードを2枚手札に加える。
残りは好きな順番でデッキボトムへ。
自分の場に4枚以上の「魔法少女まどか☆マギカ」のキャラがいなければ使用できないが、
単純にアドバンテージを取ることが可能な貴重で重要なカードである。
これの成功率は勝敗を左右するほど重要になるため、デッキ構築の段階から意識することになる。

そのため、キャラクター数を5等分した「魔法少女」デッキなどは構築を見直す必要があるだろう。


ソウルジェム 使用コスト0/発生コスト2 ※サポートカード

セットしている魔法少女がアプローチでポイントを与えたときカードを1枚引く。
最低でも1枚は引かなければ結果として損をすることになるため、アプローチで退場しにくい
カードにセットするのが吉。セットしたら最低でも1枚はカードを引けるようにしたい。
使用感的には相手の妨害を強制するという方が正しいかもしれない。メインで強化を行うカードも
使いやすくなる。
実際は発生コスト2なのでほとんどの場合、コストにすることになってしまうかもしれない。



アドバンテージが取れる「彼女らが集う場所」は是非とも4積みしたいですね。

その他「彼女らの見つめる先は」「歴史の真実」「魔法少女への憧れ」はデッキに合わせて
6~8枚程度。
「彼女らの見つめる先は」は連続で使用することも可能で「彼女らが集う場所」を
引っ張ってくることもできるため、優先的に採用したいです。
また、コンボデッキなら「歴史の真実」、キャラクターデッキならば「魔法少女への憧れ」の
優先度が高くなると思われます。



強化&コンバットトリック系

魔法少女まどか★マギカ 使用コスト4/発生コスト2
[アプローチ/自分]

魔女を狩る者たち 使用コスト2/発生コスト2
[アプローチ/自分]


どちらも自分の魔法少女1枚に+20/+20修正を与えるカードであるが、「魔法少女まどか☆マギカ」は
お互いの場にいる「魔法少女」の数だけ使用コストが1減るという効果を持つ。
そのため、使用コストが「魔女を狩る者たち」<「魔法少女まどか☆マギカ」になるのは「魔法少女」が
場に1枚しか存在しない場合のみである。
そもそも、そんな場しか作れないデッキに「魔女を狩る者たち」を入れること自体疑問であるため 
基本的に「魔女を狩る者たち」は5枚目以降の「魔法少女まどか☆マギカ」としての採用になるだろう。


交錯する想い 使用コスト0/発生コスト1
[アプローチ/自分]

悲壮 使用コスト1/発生コスト2
[アプローチ/自分
]

自分のキャラ1枚に前者は+20/+0、後者は+30/+0の修正を与える。
修正値の差よりも使用コスト、発生コストの差に注目するべきだろう。


パジャマパーティ(120) 使用コスト1/発生コスト2
[アプローチ/自分]


自分のキャラ1枚は自分の休息状態のキャラ1枚につき+0/+10の修正を受ける。
DPを上昇させることができる貴重なコンバットトリック。独楽さやか等を駆使して修正値を底上げしたい。
DPのみの修正なのでもともとAPが高くDPの低い杏子やさやかと相性が良さそうである。


私の大切な家族 使用コスト2/発生コスト2
[アプローチ/相手]


自分のキャラ1枚はサポートエリアにいる自分のキャラ1枚につき、使用コスト+1、+10/±0の修正を受ける。
修正値は+20/+0くらいが限度だろうが、使用コストが上昇することで天然やST杏子による
一方的なアプローチを防ぐことができる。

カードの性質上、APDPの低い低コストキャラに使用することになるため、AP修正だけでは相打ち
しか見込めない点が残念。


この街を守る少女たち 使用コスト0/発生コスト1
[アプローチ/相手]

運命に抗う少女たち 使用コスト1/発生コスト2
[アプローチ/相手
]

前者は自分の「魔法少女まどか☆マギカ」のキャラ1枚に+20/+0、の修正を、
後者は自分の「魔法少女」1枚に+30/+0の修正を与える。
こちらも修正値の差よりも使用コスト、発生コストの差に注目したい。
ただし、「運命に抗う少女たち」は「魔法少女」しか対象にできないため、汎用性では
「この街を守る少女たち」に軍配が上がるだろう。



「魔法少女」や「ほむら」や「さやか」にはコスト0でAPDP両方に修正を与えるカードが
あることに注意が必要です。

それにしても、似たような性能のカード、それもAPのみを修正するカードが多いです。
そのため、もともとAPの高いカードよりもAP≦DPのキャラクターを強化していくほうが
スマートな戦術であるように思えます。

アプローチフェイズでの駆け引きは、一番勝敗に影響するところなのでしっかりと
得のできるようにカードを使用していきたいですね。


次回に続きます
スポンサーサイト

テーマ : プレシャスメモリーズ
ジャンル : ゲーム

tag : プレシャスメモリーズ 魔法少女まどか☆マギカ シングル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fuby

Author:fuby
出身地 : 神奈川県
自己紹介 :
自然を愛する自由人。
趣味はTVゲームやTCG。

ゲームはポケモン、モンハン。
TCGはMTGとプレメモをプレイしています。

最近は艦これにハマり中…

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。