スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MTG】 イニストラードのメカニズム 「両面カード」

イニストラードのメカニズムが公開されていたので、特に気になる「両面カード
に対する私の意見を述べたいと思います。

-> イニストラードのメカニズム

両面カードとは?


両面が表のカード。つまり、いままで全てのカードに共通していた裏面
(DECK MASTER と書かれている面)がなく、両面にイラストが描かれているカード。

弟分であるデュエルマスターズの「サイキッククリーチャー」のようなものですね。


確かに奇抜で新しいデザインなので賛否両論様々な意見があるでしょう。
ちなみに私は好きではありません。

好きになれない理由は幾つかありますが、その一つに
両面カード通常通りにデッキに入れて使用する点があります。

恐らく超次元ゾーン(笑)から飛び出してくるのものと思っていたのですが、
両面カードは他の裏面のあるカードと同様にデッキに入れて使用します。
もちろんそのままではゲームに支障が出るので、裏面の見えないスリーブ
入れる必要があります。

下は両面カードをデッキに入れる際の注意を記事からの引用したもの。
「変身」はカードを裏返す動作のことです。

スリーブを使う場合、話は簡単です。両面カードを正面が見えるようにスリーブに入れ、変身する場合はスリーブから出してください。(その上でスリーブに戻してもいいですが、戦場から離れたら元に戻してください。)

簡単と書かれていますが、自分は超面倒くさいと思います。
そもそも必需品ではないスリーブに入れればいい、という考え方が嫌です。

さらに、裏の見えないスリーブを用意できない場合、チェックリスト
チェックしたものを代替カードとして使用することになります。

はっきり言ってダサいです。
雰囲気的にはデュエマのサイキッククリーチャーですね。
超次元ゾーンから飛び出ましたw


続いての不満はブースタードラフトに支障がでる点

両面カードは公開情報としてドラフトする」らしいですが、これは面白いのでしょうか?
遊んでみないと判りませんが、違和感があると思います。


最後に一番問題なのはシステム自体が不要な点です。

両面にしたのは、一つのカードに2つの特性(姿?)を持たせる演出だろうと思います。
しかし、以前にも奇抜なデザインでそれを成してきたものがあります。

特に神河ブロックの「反転カード」はシステムが酷似しており、
条件を満たせば変身する(->反転する)と置き換えても差支えありません。

にもかかわらず、わざわざ不透明スリーブを推奨したりチェックリスト使用させたり
ドラフトに支障を出したりするシステムを導入する必要がわかりません。

以上の点から、両面カードのデザインは良いものだと思えませんでした。







ちなみにチェックリストをよく見ると「情け知らずのガラク」って書いてあるんですけど・・・

PWカードも両面カードになっているんでしょうか?これはかなり期待(ぇ
スポンサーサイト

テーマ : カードゲーム
ジャンル : ゲーム

tag : マジック・ザ・ギャザリング MTG イニストラード 両面カード

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fuby

Author:fuby
出身地 : 神奈川県
自己紹介 :
自然を愛する自由人。
趣味はTVゲームやTCG。

ゲームはポケモン、モンハン。
TCGはMTGとプレメモをプレイしています。

最近は艦これにハマり中…

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。